645 失敗と挫折は神からの祝福

1 神はあらゆる騒乱、動揺、困難、そして無数の敗北をあなたに経験させます。そして最終的にあなたは、あらゆる騒乱、困難、動揺、敗北、失敗を経験する中で、神の言うことはすべて正しく、自分の信念、観念、想像、認識、哲学的理論、哲学、世間で学んだこと、両親に教えられたことや自分が想像してきたことは、すべて誤りなのだと気づくことになります。そうしたものはあなたをいのちの正しい道へと導くことはできず、真理を理解させて神の前に来させることもできません。あなたが歩んでいる道は失敗の道なのです。それはあなたにとって必要なプロセスであり、救いを経験する過程で得なければならないものなのです。しかし同時に、そのことは神を悲しませもします。なぜなら人々は反抗的で、堕落した性質を持っており、このプロセスを経てそうした敗北を経験しなければならないからです。

2 神は何をするにせよ、人によかれと望んでいます。どんな環境を用意しようと、あなたに何をするよう求めようと、常に最良の結果を望んでおられます。たとえばあなたが何かを経験して、敗北や失敗に見舞われたとします。神はあなたが失敗して、自分がもう終わりだと思ったり、サタンに捕らわれてしまったと思ったりするのを見たがってはいません。そうなるとあなたは、二度と自力で歩けるようにはならず、落胆へと陥ってしまいます。神はそのような結果を見たがっているのではありません。では、何を見たがっているのでしょうか。あなたはその問題では失敗したかもしれませんが、真理を求め、失敗の理由を見つけることができます。失敗の事実を受け入れてそこから何かを学び取り、教訓を学んで、そのように行動したことが間違いだったのであり、神の言葉に従って行動することこそが正しいのだと気づくのです。あなたは現象に気づき、問題の真の事実に気づき、物事を理解し、この敗北と失敗を通じて成長します。それが、神の見たがっていることなのです。あなたは神の骨身を惜しまぬ意図に感謝し、神の言葉が真理であることを信じ、それを確信するようになり、神への信心が深まります。人々にとっては、失敗を経験するのはよいことなのです。もちろん同時に辛いことでもあり、それによって鍛えられることになりますが、そのように鍛えられることで、最終的に神の元へ戻り、神の言葉を受け入れ、それを真理と認めることができるなら、そのような鍛錬、敗北、失敗は無駄な経験ではなかったことになります。

『キリストの言葉の記録』の「パウロの本性と本質をいかに識別するか」より編集

前へ: 644 引き立て役として奉仕することは一生の祝福だ

次へ: 647 私たちが救われるのは神が私たちを選んだから

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索