神を畏れて神の守りを得なさい

振る舞いや行動において現実的で、何をするにも祈り、常に神の前に出て神から離れないことが信仰の基本です。いのちや霊的背丈がどれだけ立派でも、真理の現実にどれだけ入っていようと、心の中で神から離れてはいけません。神から遠ざかってはなりません。「私は決して神から離れすぎることはないから、少しのあいだ離れるだけならいいだろう」とあなたは言うかもしれません。これはどういうことですか。それは遠い近いの問題ではありません。心の中に一瞬でも神がいなければ、すでに神から遠く離れているのです。いつも神から離れる人は神を畏れません。

神から遠く離れた結末は何ですか。離れたとたん、いつサタンに囚われるかわかりません。その後、その人は言動を通じてサタン的性質を露わにします。しばしば過ちを犯し、常に神に逆らい、教会生活を妨げ乱します。いつもサタンに利用され、虜になる危険があります。なんと恐ろしいことでしょう。ゆえに、心の中で神から離れず、いつも神の前で生きられるときのみ、あなたは神を畏れる人になります。またそうした心構えをもって初めて、神は間違った道を歩まないようにあなたを守るのです。

前へ: 神を畏敬する者だけが試練においても証しできる

次へ: 神を畏れる者だけが幸福

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者 信仰の確信のない者 魔術師や妖術師 好色で落ちぶれた者 神から盗み、捧げものを奪う者 賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者 高慢で名利を追い求める者 不遜な言葉を広め 冒涜的で神をそしる者 神を裁く者 徒党を組み集う者 神の上に立うとする者 浮…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索