道の最終行程をしっかり歩むには

あなたは今このような言葉が語られたことを覚えておかなければならない。後に、あなたは一層大いなる困難と苦難を受けるからである。完全にされることは平易なことでも簡単なことでもない。少なくともヨブのような信仰、あるいはそれ以上の信仰をもっていなければならない。将来の試練はヨブの試練よりも大いなるものであり、その上に長期的な刑罰を受ける必要があるということを知るべきである。それは簡明なことであろうか。あなたの能力を向上させることが出来ず、あなたの理解力は不足し、知識は過少であったならば、その時あなたが証しに立つことはなく、サタンの冗談や玩具となるであろう。現在、ビジョンを持ち続けることが出来ないならば、あなたには全く基礎がなく、将来は捨て去られるであろう。

道はいずれの部分も歩み難いので、軽く考えてはならない。今、そのことを入念に斟酌し、道の最終行程をいかに適切に歩むかを準備しなさい。それが将来歩むべき道であり、あらゆる者がその道を歩まなければならない。こうした現在の認識を一方の耳から入って他方の耳から出るように聞き流してはならず、わたしの話がすべて息の無駄使いだと考えてはならない。あなたがわたしの話を役立たせる日が来るであろう。言葉は無駄に語られることがない。今はあなた自身を将来に向けて準備する時であり、将来への道を開く時である。後に歩むべき道を準備し、後にいかに揺るぎなく立つことが出来るかを心配し、憂慮し、将来の道に向けて周到に準備すべきである。貪欲で怠惰になってはならない。

あなたは出来る限りを尽くして、時間を最大限に活用し必要な事を全て得る必要がある。わたしはあなたが理解できるようにあなたに全てを与えている。一層大いなる苦難を受けることにより、万人の中で真の知識が実現されるであろう。それはこの働きの段階のひとつである。今日伝えられたビジョンを、あなたが完全に理解して、真の霊的背丈を得たならば、今後どのような苦難を受けようとも、それがあなたを圧倒することはなく、あなたはそれらを耐えしのぐ事が出来るであろう。わたしが働きのこの最終段階を完了し、最後の言葉を述べ終えた時、将来において人々は自らの道を歩まなければならないであろう。これは前に述べられた言葉を成就することになる。すなわち聖霊は一人ひとりのために任務と、一人ひとりの中で行うべき働きをもっている。

『言葉は肉において現れる』の「あなたは道の最終段階をいかに歩むべきか」より編集

前へ: 今日の祝福を大切にしなければならない

次へ: 神が羊飼いを打つ時

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は天におり、地にもいる

地にいる時の 神は 人の心の中の 実際の神 天にいる時の 神は あらゆる被造物の 支配者 かつて神は 山と海を巡り 人類の間を そっと歩んで来た 誰が逆らえよう 実際的な神に 誰が逃れられよう その支配から 誰が言い切れよう 神は天にいるのだと 誰が言い切れよう 神は地にいる…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

神の働きは言葉を通して成し遂げられる

あなたがしばらく経験を積み 神の業とその各段階について知り 神の言葉が何を実現させ なぜ多くは果たされずにいるのかを知るなら また明確なビジョンを持ち これらすべてによく精通していたら 心配も不安もなく大胆に前進できる 神の働きの多くはどう成し遂げられるのか? それは神の言葉…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索