332 四つの格言

1 人がわたしを「愛する」のは、彼らの愛が持って生まれたものだからではなく、刑罰を恐れているからである。人々のうちの誰が生まれつきわたしを愛しただろうか。わたしを自分の心臓を取り扱うようにわたしを取り扱う者はいるだろうか。そこでわたしはこのことを人間界のための格言とともに要約する。人々のうちにわたしを愛する者は誰もいない。わたしは人を永遠に愛することができ、永遠に嫌悪することもできる。わたしには忍耐があるゆえ、これは決して変わらない。しかし、人はこの忍耐力を持たず、わたしに対する態度をいつもころころと変え、わたしが口を開くときにはいつもさほど関心を示さず、わたしが口を閉ざして何も言わずにいると、広い世の中の波に紛れてしまう。従って、わたしはこれを別の警句にまとめよう。人には忍耐が足らないために、わたしの思いを果たすことができない。

2なぜ人が自らの義務を守らないのか、なぜ自らの霊的背丈がどれほどなのかを知らないのか、今でもわたしは分からない。人々はそれが数グラムなのか何両なのかさえ人々は知らない。それだから、彼らは依然としてわたしを騙す。あたかもわたしの働きがすべて無駄に終わり、わたしの言葉がただ大きな山々のこだまであるかのように、そしてわたしの言葉や発言の根源を誰も気が付かなかったかのようである。わたしはこれを三番目の警句を要約する基礎として使用する。人々にはわたしが見えないため、わたしを知らない。

3 人々はわたしの言葉によって泣き叫ぶが、彼らの嘆願にはいつもわたしの冷酷さに対する苦情が含まれている。まるで彼らはみな人間に対するわたしの本当の「愛」を探し求めているかのようだ――しかし、彼らがどうしてわたしの厳しい言葉の中にわたしの愛を見つけることなどできようか。その結果、彼らはいつもわたしの言葉によって希望を失う。人々が言葉を発する時、彼らがいつもわたしに対して文句を言うのはなぜだろう。このため、わたしは人間の暮らしに対して第四の格言をまとめる。すなわち、人々はわたしにほんの少ししか従わず、こうして、いつもわたしを嫌っている。

4 わたしが人々に要求すると、人々は仰天する。長年善意で優しかった神が、そのような言葉、無慈悲で不当な言葉を言うなど、人々は考えたこともなく、絶句する。このような時、わたしは人々がまた文句を言い始め、人々の心の中でわたしへの憎しみがまた高まるのに気づく。人々はいつも地上を非難して、天国に呪いをかける。それでも彼らの口から自らを呪う言葉は聞かれない。彼らの自己愛が強すぎるからだ。ここで人間生活の意味をまとめよう。人々は自己愛が強すぎるため、その全人生が苦悩に満ちた空虚なものになっている。わたしを憎むあまり自ら身を滅ぼす。

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」より編集

前へ: 331 肉の中で生きることは神の意志か

次へ: 333 神は人が神の言葉に対して誠実であることを望む

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索