本分を良く尽くせば証しに立つことができる

自分に何が起きようと、神の前に出なさい。それが正しいことである。反省する一方、本分を尽くすのを遅らせてはいけない。いつも自分を反省するばかりで本分を怠ってはならない。神からの試練が重荷になることはよくある。重荷がどれほど重くても、そうした重荷を背負うべきである。神はあなたを理解し、あなたがそれを背負えると認識しているからである。神が与える重荷は決してあなたの背丈も、あなたが背負える限度も超えない。きっとそれを担える。

神がどんな重荷や試練を与えようと、覚えておきなさい。祈るときは、神の意志を理解できるか否か、聖霊の啓きと照らしを得たか否か、試練が神の懲らしめであるか警告であるのかにかかわらず、あなたがそれを理解するかどうかは問題ではない。なすべき本分を尽くし続け、忠実にそれを守る限り、神は満足し、あなたは証しに立つことになるのである。

『キリストの言葉の記録』の「真理を絶えず熟考することでのみ、前進する道を得られる」より編集

前へ: 本分を守らなければならない

次へ: すべてのことにおいて神の吟味を受け入れるべきだ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

失われた時は二度と戻ってこない

目覚めよ!兄弟姉妹たち! 神の日は遅れることがない 時は命、時をとらえることは命を救い その時は近い 試験なら、落ちたとしても 学び直し、再挑戦できるが 神の日は決して遅れないことを あなたは知らなければならない 覚えておくように 神のこれらの良い言葉は あなたを促すため…

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索