本分を良く尽くせば証しに立つことができる

自分に何が起きようと、神の前に出なさい。それが正しいことである。反省する一方、本分を尽くすのを遅らせてはいけない。いつも自分を反省するばかりで本分を怠ってはならない。神からの試練が重荷になることはよくある。重荷がどれほど重くても、そうした重荷を背負うべきである。神はあなたを理解し、あなたがそれを背負えると認識しているからである。神が与える重荷は決してあなたの背丈も、あなたが背負える限度も超えない。きっとそれを担える。

神がどんな重荷や試練を与えようと、覚えておきなさい。祈るときは、神の意志を理解できるか否か、聖霊の啓きと照らしを得たか否か、試練が神の懲らしめであるか警告であるのかにかかわらず、あなたがそれを理解するかどうかは問題ではない。なすべき本分を尽くし続け、忠実にそれを守る限り、神は満足し、あなたは証しに立つことになるのである。

『キリストの言葉の記録』の「真理を絶えず熟考することでのみ、前進する道を得られる」より編集

前へ: 本分を守らなければならない

次へ: すべてのことにおいて神の吟味を受け入れるべきだ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

聖霊の働きは日々変化し より大きな啓示とともに段階ごとに高くなる こうして神は働き 人類を完全にするが ついて来れない人はとり残されるだろう 進んで従う心なしに 人々は最後までついて行くことはできない 生まれつき不従順で意志に逆らう者は 神の働きが速まるにつれ とり残され…

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索