597 本分を良く尽くせば証しに立つことができる

1 自分に何が起きようと、神の前に出なさい。それが正しいことである。反省する一方、本分を尽くすのを遅らせてはいけない。いつも自分を反省するばかりで本分を怠ってはならない。神からの試練が重荷になることはよくある。重荷がどれほど重くても、そうした重荷を背負うべきである。神はあなたを理解し、あなたがそれを背負えると認識しているからである。神が与える重荷は決してあなたの背丈も、あなたが背負える限度も超えない。きっとそれを担える。

2 神がどんな重荷や試練を与えようと、覚えておきなさい。祈るときは、神の意志を理解できるか否か、聖霊の啓きと照らしを得たか否か、試練が神の懲らしめであるか警告であるのかにかかわらず、あなたがそれを理解するかどうかは問題ではない。なすべき本分を尽くし続け、忠実にそれを守る限り、神は満足し、あなたは証しに立つことになるのである。

『キリストの言葉の記録』の「真理を絶えず熟考することでのみ、前進する道を得られる」より編集

前へ: 596 本分を守らなければならない

次へ: 598 すべてのことにおいて神の吟味を受け入れるべきだ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索