真の信仰を持つ者だけが神の承認を受ける

モーセが岩を打って

神の恵みの水が溢れ出た時

それは信仰によって起きた

ダビデがヤーウェを讃えるため

音楽を奏でた時

ダビデの心は喜びで満ちあふれていた

それは信仰によって起きた

ヨブが家畜や財産を失い

身体が腫物で覆われた時

それは信仰によって起きた

それでもなおヤ-ウェの声を聞き

神の栄光を感知できた時

それは信仰によって起きた

他の何ものでもない

ただ単に信仰によって起きた


ペテロがイエスに従い

十字架に釘付けにされながらも

栄光ある証を述べた時

それは信仰によって起きた

終わりの日の啓示や

人の子の栄光の姿をヨハネが見た時

それは信仰によって起きた

業を行うため

神が肉となり 戻ることを異邦人が知る時

それも信仰によって起きる

多くの人は信仰があるため

神の言葉に打たれ救われる

それは信仰によって起きた

他の何ものでもない

ただ単に信仰によって起きた

それは信仰によって起きた

他の何ものでもない

ただ単に信仰によって起きた

ラララ……


『言葉は肉において現れる』の「征服の働きの内なる真実(1)」より編集

前へ: 神を信じる意義はとても奥深い

次へ: あなたは信仰ゆえにとても多くのものを得た

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

あなた方は何を神に報いたのか

幾つかの秋と春を経て 神はあなた方の間にいる 神は長らくあなた方と暮らしてきた 幾つの悪行が神の前を行き過ぎたのか あなた方の心の言葉は神の耳にこだまする あなた方は百万の決意を祭壇に置くのに わずかな献身も誠意も供えない あなた方の信仰の実はどこにあるのか? 神の尽きぬ恵…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆ…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索