あなたの心を神に捧げる時

神を愛し信じるため

人は心で神の霊に触れるべきだ

そうすれば神の満足を得られる

また神の霊によって感動させられるよう

心で神の言葉に接しなければならない

信仰において心を捧げず

神の重荷を負わない人は

いつでも神を騙して宗教を為している

それでは神に称賛されない

あなたが心を神に注ぎ

その前で静かでいられるなら

聖霊に用いられ啓示を受けるだろう

聖霊はあなたに欠けているものを補う

心を神に捧げれば

霊の中のかすかな動きと

神の啓示の一つ一つを捉えるだろう

これを掴めば正しい道に入り

神に完全にされるだろう

人が神に心を捧げないなら

その霊は鈍く無感覚になる

そのような人は

神の言葉を正しく理解することができずに

神との正常な関係を持たず

その性質は変わらない

性質が変化するということは

自分の心の全てを神に捧げ

また神が言う言葉から

啓示を受けるということである

心を全て神に捧げれば

あなたはより深く入り

高いレベルの明察を得る

そして自分の弱さと欠点をさらに理解し

神の意志を熱心に満たそうとし

受身でなく、積極的に入ろうとするだろう

こうしてあなたが正しい人間であることが明らかになる

『言葉は肉において現れる』の「神との正常な関係を築くことは極めて重要である」より編集

前へ: 常に神の前で静まる者は敬虔な人

次へ: 心を神に立ち返らせて神の麗しさを感じよ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、…

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索