終わりの日のキリストの語られる言葉(選集)

目次

神は万物の主である

過去のふたつの時代の働きのうちのひとつの段階はイスラエルで、もうひとつの段階はユダヤで起きた。一般的に言って、この働きのどちらの段階もイスラエルを出なかった。それらは最初の選民の間で行われた働きの段階だった。したがって、イスラエル人の考えでは神エホバはイスラエル人だけの神である。ユダヤにおけるイエスの働きにより、さらにイエスの磔の働きの完結により、ユダヤ人の観点からすればイエスはユダヤの民の救い主である。イエスはユダヤ人だけの王であり、他のどの民の王でもない。イエスはイギリス人の罪を贖う主ではなく、アメリカ人の罪を贖う主ではなく、しかしイエスはイスラエル人を贖う主であり、イスラエルでイエスが罪を贖うのはユダヤ人である。実際、神は万物の主である。神は万物の神である。神はイスラエル人だけの神ではなくユダヤ人だけの神でもない。神は万物の神である。神の働きの過去のふたつの段階はイスラエルで起き、このようにして、人々にはいくつかの概念が生まれた。人々は、エホバがイスラエルで働きを行い、イエス自らがユダヤで働きを行い、さらに、神がユダヤで働きを行ったのは受肉によってであったと人々は考える。いずれにせよ、この働きはイスラエルを越えなかった。神はエジプト人との働きを行わなかった。神はインド人との働きを行わなかった。神はイスラエル人とのみ働きを行なった。この結果人々は様々な概念を形成する。さらに、人々は一定の範囲内で神の働きを詳細に計画する。神が働きを行なう時は選民の間で行われ、イスラエルにおいて行われるはずであると人々は言う。神はイスラエル人以外に神の働きの受容者を持たず、神の働きの他の範囲はない。人々は受肉した神を「規律に従わせる」ことに特に厳格で、神がイスラエルを越えて移動することを許さない。これらはすべて人間の考えではないか。神は天と地のすべてを、そして万物を造り創造物のすべてを造った。どうすれば神が神の働きをイスラエルに限定することができるのか。その場合、神が創造物全体を造って何になるのか。神は世界全体を造った。神はイスラエルでだけではなく全宇宙の一人ひとりと神の6000年の救いの計画を行った。人々が中国、米国、英国あるいはロシアに住んでいるかに関わらず、人々はみなアダムの子孫である。人々はみな神により創られた。一人として神の創造物の範囲から離脱できず、誰一人として「アダムの子孫」というレッテルから逃れられない。人々はみな神の創造物でありアダムの子孫である。人々は堕落したアダムとイヴの子孫でもある。神の創造物はイスラエル人だけでなくすべての人々である。それにも関わらず、創造物の中には呪われた者もいれば祝福された者もいる。イスラエル人には望ましい事柄がたくさんある。イスラエル人が最も堕落していない民だったため、神は最初にイスラエル人に働きを行った。彼らに比べると中国人は活気がなく、イスラエル人に匹敵することなど望むべくもない。したがって、神は最初にイスラエルの人々の中で働きを行い、神の働きの二番目の段階はユダヤでのみ行われた。この結果、人々は多くの概念や多くの規則を形成する。実際、神が人の概念に従って行動するとしたら、神はイスラエル人の神であるだけだろう。この方法では神は神の働きを異邦人の諸国に拡大できないだろう。神は万物の神ではなくイスラエル人だけの神であるからである。預言では、エホバの名は異邦人の諸国で偉大であり、エホバの名は異邦人の諸国に広まるだろうと預言は語る。預言がこのように語るのはなぜか。神がイスラエル人だけの神ならイスラエルでしか働きを行わないだろう。その上、神はこの働きを拡大せず、この予言を行わないだろう。神がこの予言を行ったため、神は神の働きを異邦人の諸国、あらゆる国と場所に拡大させる必要があるだろう。神はこのように述べたので、その通りにするだろう。これが神の計画である。神は天と地、およびすべてのものを造った主であり万物の神だからである。神がイスラエル人とともに働きを行おうとユダヤ全体で働きを行おうと、神が行う働きは全宇宙とすべての人々の働きである。赤い大きな竜の国で今日、異邦人の一国で神が行う働きはやはりすべての人々の働きである。イスラエルは地上の神の働きの礎であり得る。同様に中国も異邦人の諸国での神の働きの礎になり得る。神は「エホバの名は異邦人の諸国で偉大であろう」という預言を今成就させなかったか。異邦人の諸国における神の働きの最初の段階は、赤い大きな竜の国で神が行っているこの働きを指す。受肉した神がこの土地で働きを行い、これらの呪われた人々の間で働きを行うことは特に人の概念に反するかもしれない。これらの人々は最もみすぼらしく何の価値もない。これらの人々はエホバが最初に見捨てたすべての人々である。人々は他の人々に見捨てられ得るが、神に見捨てられるならこうした人々には何の地位もなくなり、最低の価値を持つだろう。創造物の一部としてサタンに占領されていることあるいは他の人々に見捨てられていることはどちらも悲惨なことであるが、創造物の一部が創造主に見捨てられるなら、これはその人の地位が最低であることを意味する。モアブの子孫は呪われ、この低開発国内で生まれた。疑いもなくモアブの子孫は暗黒の影響を受けた最低の地位の人々である。これらの人々は過去に最低の地位であったので、これらの人々に対して行われる働きは人間の概念を打ち砕くことが最も可能であり、神の6000年の救いの計画全体にとって最も有益な働きでもある。神がこれらの人々の間で働くことは人の概念を打ち砕くことが最も可能な行動である。この働きにより神はひとつの時代を開始する。これより神は人の概念をすべて打ち砕く。これにより神は恵みの時代全体の働きを終える。神の最初の働きはユダヤで、イスラエルの範囲内で行われた。異邦人の諸国ではどのようなものであれ、神は時代を開始する働きを行わなかった。神の働きの最終段階は異邦人の諸国の人々の間で行われるだけでなく、なおさら呪われた人々の間で行われる。この点はサタンに屈辱を確実に与え得る証拠である。こうして、神は全宇宙の万物の神に「なり」、すべてのものの主、命あるすべてのものにとって崇拝の対象になる。

現在、神がどのような新しい働きを始めたかまだ理解していない人々がいる。神は異邦人の諸国で新たな働きを始め、別の時代を始め、別の働きを始め、モアブの子孫の間で働きを行っている。これは神の最新の働きではないか。遠い昔から誰もこの働きを経験せず、聞いておらず、ましてや正しく認識しなかった。神の知恵、神の奇跡、神の深遠性、神の偉大さ、神の聖がはっきり現れるのは、世の終わりの働きのこの段階に依存する。これは人間の概念を打ち砕いている新しい働きではないか。それでもまだ次のように考える人々がいる。「神はモアブを呪い、モアブの子孫を見捨てると語ったのだから、どうして神は今モアブの子孫を救い得るだろうか」こうした人々は呪われてイスラエルから退去させられた異邦人の諸国からの人々である。イスラエル人はこうした人々を「異邦人の犬」と呼んだ。誰の見方でもこうした人々は異邦人の犬というだけでなく、さらに悪いことに滅びの子供たちである。言い換えれば、こうした人々は神の選民ではない。こうした人々は元来イスラエルの地で生まれたがイスラエルの人々の一部ではない。こうした人々は異邦人の諸国に追放されもした。こうした人々は最も卑しい人々である。それは正に、人々の中で新しい時代を始める神の働きを神が行う人々の中で、こうした人々は最低だからである。こうした人々は堕落した人々の代表であり、神の働きには選択性あるいは目的がないわけではなく、神が今日これらの人々の中で行う働きはまた、創造の中で行われる働きである。ノアは創造物の一部だったし彼の子孫もそうである。血と肉を持つ世界中の誰もが創造物の一部である。神の働きはすべての創造物に向けられている。創造された後呪われたかによって行われるものではない。神の救いの働きは創造物のすべてに向けられており、呪われなかった選ばれた人々にではない。神は神の創造物の中で神の働きを行うことを望むため、思い通りの完成まで確実に行うだろう。神の働きに有益な人々の中で神は働きを行う。従って、人々の中で働きながらすべての因習を神は打ち砕く。「呪われた」「罰せられた」「祝福された」という言葉は神には意味がない。ユダヤ人は非常に善良で、イスラエルの選ばれた人々も邪悪ではない。彼らは良い能力と人間性の人々である。エホバは最初こうした人々の間で神の働きを開始し神の最初の働きを行ったが、神が今神の征服の働きの受容者としてこうした人々を使おうとするなら意味がないだろう。こうした人々も創造物の一部であり多くの良い面があるが、こうした人々の間で働きのこの段階を行うのは意味がないだろう。神は誰も征服できず、すべての創造物を説得することもできないだろう。これが赤い大きな竜の国のこれらの人々に神の働きを譲渡することの意味である。ここでの深い意味は、神がひとつの時代を始めること、すべての規則とすべての人間の概念を打ち砕くこと、そしてまた恵みの時代全体における働きを神が終えることである。神の現在の働きがイスラエル人の中で実行されるなら、神の6000年の救いの計画が終わる時までに、神はイスラエル人だけの神であること、イスラエル人だけが神の選民であること、イスラエル人だけが神の福音と約束を受け継ぐに値するとすべての人が信じるだろう。世の終わりの間、赤い大きな竜の国の異邦人の中で神は受肉している。神はすべての創造物の神としての神の働きを完了している。神は救いの働き全体を完成しており、赤い大きな竜の国での神の働きの中心部分を終了する。働きのこうした三つの段階の働きの中心は人の救済、すなわち創造物すべてに創造主を崇めさせることである。従って、この働きのどの段階も非常に重要である。神は意味や価値のないことは決して行わない。一方では、働きのこの段階はひとつの時代を始めることと過去のふたつの時代を終わらせることから成っている。他方ではすべての人間の概念と人間のすべての古い信念や知識を打ち砕くことから成っている。過去ふたつの時代の働きは異なる人間の概念に従って行われた。しかし、今回の段階は完全に人間の概念を除去しており、それにより完全に人々を征服する。モアブの子孫の征服を用い、モアブの子孫の間で行われる働きを用いて、神は全宇宙の人々をすべて征服するだろう。これは神の働きのこの段階の最も深い意味であり、神の働きのこの段階の最も重要な側面である。たとえあなたが今自らの地位が低く、価値があまりないと知るにせよ、それでもあなたは最も大きい喜びに出会ったことを感じるだろう。あなたは大いなる福音を受け継ぎ、大いなる約束を手に入れ、そしてあなたは神のこの偉大な働きを完成でき、神の本当の顔を見ることができ、神の本来の性質を知り、神の心を行える。神の働きの過去のふたつの段階はイスラエルで行われた。世の終わりの間の神の働きのこの段階がやはりイスラエル人の間で行われるなら、創造物すべてはイスラエル人のみが神の選民であると信じるばかりでなく、神の救いの計画全体も望ましい効果を達成しないであろう。神の働きのふたつの段階がイスラエルで行われた期間、新しい働きは全く行われず、時代を始める神の働きのどれもが異邦人の諸国で行われなかった。時代を始める働きのこの段階はまず異邦人の諸国で行われ、その上、まずモアブの子孫の間で行われる。これにより時代が始まった。神は人の概念の中に含まれた知識をすっかり打ち砕き、少しでも存在することを許さなかった。征服の働きにおいて、神は人の概念、古い初期の人の知識の方法を打ち砕いた。神は、神に関して規則はないこと、神に古いものは何もないこと、神が行う働きは完全に解放され完全に自由であること、神が行う事すべてにおいて神は正しいことを神は人々に理解させる。あなたは創造物の間で神が行うすべての働きに完全に従わなければならない。神が行うどのような働きにも意味があり、神自らの心と知恵に従って行われ、人の選択や概念に従って行われない。神は神の働きに有益な事柄を行う。神の働きに有益でないものは、どんなに良いとしても神は行わない。神は働きを行い、神の働きの意味と目的に従って神の働きの受容者と場所を選ぶ。神は過去の規則には固着せず、古い常套手段に従わない。その代わり、働きの意味に従って神は神の働きを計画する。結局、神は本当の効果と期待される目的の達成を望む。あなたが今これらを理解しないなら、この働きはあなたにいかなる効果も達成しないだろう。