家に帰る

かつてはこの世界に 

自分の夢があるとばかり思い

一生懸命働き 努力して

素晴らしい人生を勝ち取ろうと 

無邪気にも考えた

だが失敗を繰り返すうち

自分の考えは愚かに思えた

悪と策略に満ちたこの世で

私は清純さと善良さを失った


私は名誉と富を求め

まるで動物のように生きた

世の冷酷さと冷淡さが

私の心を打ち砕く

人は争い 殺し合い

偽りと暴力に満ち

支援や策略なしには

生き抜く道はない


正しい道を歩んでも

神を信じても

差別され

投獄される


この世は悪と闇に満ちていると

はっきりと分かる

私は無力で 傷つき

心は痛みで満ちている

孤独で ひたすら探すが

行くべき方向が見つからない

この心が憧れる

美しい家はどこ


聞き慣れた声が呼ぶ

神の優しい言葉が 私の心を温める

私に語り扉を叩くのが

人の子だと分かる

神の前に来て 教会が

新たな天地だと知る

ここにいる人びとは純粋で善良

周りの人に誠実だ


ここには公平と義がある

神の言葉と真理には強い力がある

それは人生の奥義を現わし

この心を目覚めさせ 人生が明確になる

真理を知ると 

善と悪が分かるようになる

もう名誉や利益は求めず

サタンの罠を逃れるため闘う


今や誠実となり 神に祝福されている

心には平安があり 私は穏やかだ

神を畏れ 悪を避ける

正しい人生の道を歩んでいる

神はとても愛らしい

この心は神を強く慕う

いまは光の中で生きることができ、

永遠に神に従い 神を愛する


神の前に来て 教会は

新たな天地だと知る

ここにいる人びとは純粋で善良

周りの人に誠実だ

ここには公平と義がある

永遠に神に従い 神を愛する

前へ: 神の愛を得てまことに幸せだ

次へ: 新しい人の生活

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神への信仰の本当の意味

神を信じている人はたくさんいるが、神への信仰とは何を意味するか、神の心に従うためには何をしなければならないかを理解している人はほとんどいない。人々は「神」という言葉や「神の働き」のような語句はよく知っているが、神を知らないし、ましてや神の働きなど知らないからである。それなら、神…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索