58 家に帰る

1

かつてはこの世界に 

自分の夢があるとばかり思い

一生懸命働き 努力して

素晴らしい人生を勝ち取ろうと 無邪気にも考えた

だが失敗を繰り返すうち

自分の考えは愚かに思えた

悪と策略に満ちたこの世で

私は清純さと善良さを失った

2

私は名誉と富を求め

まるで動物のように生きた

世の冷酷さと冷淡さが

私の心を打ち砕く

人は争い 殺し合い

偽りと暴力に満ち

支援や策略なしには

生き抜く道はない

正しい道を歩んでも

神を信じても

差別され

投獄される

この世は悪と闇に満ちていると

はっきりと分かる

私は無力で 傷つき

心は痛みで満ちている

孤独で ひたすら探すが

行くべき方向が見つからない

この心が憧れる

美しい家はどこ

3

聞き慣れた声が呼ぶ

神の優しい言葉が 私の心を温める

私に語り扉を叩くのが

人の子だと分かる

神の前に来て 教会が

新たな天地だと知る

ここにいる人びとは純粋で善良

周りの人に誠実だ

4

ここには公平と義がある

神の言葉と真理には強い力がある

それは人生の奥義を現わし

この心を目覚めさせ 人生が明確になる

真理を知ると 

善と悪が分かるようになる

もう名誉や利益は求めず

サタンの罠を逃れるため闘う

今や誠実となり 神に祝福されている

心には平安があり 私は穏やかだ

神を畏れ 悪を避ける

正しい人生の道を歩んでいる

神はとても愛らしい

この心は神を強く慕う

いまは光の中で生きることができ、

永遠に神に従い 神を愛する

神の前に来て 教会は

新たな天地だと知る

ここにいる人びとは純粋で善良

周りの人に誠実だ

ここには公平と義がある

永遠に神に従い 神を愛する

前へ: 57 あなたは私の心の中に

次へ: 59 真理を受け入れることは賢いおとめであること

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索