幾時代にも及ぶ憎しみは忘れられたのか


この暗黒社会において、人間は次々と災難に見舞われるが、そうした人間はそれによって目覚めることが無い。そうした者が自分に対するいたわりと奴隷的実体を自ら捨て去るのは、何時であろうか。そうしたものが神の心に対してそれほどまで冷淡なのは何故だろうか。そうした者は、黙ってその弾圧と苦難を容認するであろうか。そうした者は、闇を光に変えることができる日を望まないだろうか。そうした者は、この義と真理に対する不当性を再度解消することを望まないだろうか。そうした者は、人々が真理を捨て、事実を歪めるのを見ても何もしないことを望んでいるであろうか。そうした者は、そうした不当な処遇を受け続けることに満足しているであろうか。そうした者は奴隷になることを望むであろうか。そうした者は、亡国の民とともに、神の手により進んで滅ぼされようとするであろうか。あなたの決意は、どこにあるだろうか。あなたの野望は、どこにあるだろうか。あなたの尊厳は、どこにあるだろうか。あなたの人格は、どこにあるだろうか。あなたの自由は、どこにあるだろうか。あなたは、自分の人生全てを[8]、魔王である赤い大きな竜のために進んで捨てるであろうか。あなたは、赤い大きな竜に自分を折檻させて死に至らせることに満足であろうか。


海原の水面は混沌として暗く、庶民はそうした苦悩のため天に向かって呼びかけ、地に苦痛を訴えている。人間が堂々として居られるようになるのは、何時だろうか。人間は、やせ細り、衰えているので、どうしてそうした残忍な暴君のような悪魔に対抗出来ようか。そうした者が出来るだけ早く自らの命を神に捧げないのは、何故だろうか。何故未だに躊躇しているのだろうか。いつになったら神の働きを完了できるのだろうか。何の目的もなく、そのようにいじめや迫害を受けると、その者の人生は結局無駄となるであろう。そうした者が、それほどまで急いでやって来て、急いで去ろうとするのは何故だろうか。そうした者が何か貴重な物を残しておいて神に捧げることが無いのは、何故だろうか。その者は、数千年におよぶ憎しみを忘れたのであろうか。あなたの決意は、どこにあるだろうか。あなたの野望は、どこにあるだろうか。あなたの尊厳は、どこにあるだろうか。あなたの人格は、どこにあるだろうか。そうした者が何か貴重な物を残しておいて神に捧げることが無いのは、何故だろうか。その者は、数千年におよぶ憎しみを忘れたのであろうか。

『言葉は肉において現れる』の「働きと入ること(8)」より編集

前へ: 神に仕えながら神に抵抗する者の結末

次へ: 神はモアブの子孫たちを引き上げる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

二千年に及ぶ切望

神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし 宗教的秩序を覆した それは神の出現を待ち望んでる 全ての人の魂を掻き立てた この出来事を見て驚かない者がいるであろうか? その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか? 神は何年もの間人々と共に過ごしたが 人々はその事に少しも気付かなかっ…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それに…

神は全ての愛を人類に与えた

神は愛により 人を救う 救いの計画 成し遂げる たとえ義を 表すにせよ たとえ威厳を 表すにせよ そして怒りを 表すにせよ どれほど大きな 愛なのか?たとえ人が 尋ねても 大きさは 答えではない なぜなら 神のその愛は100パーセント なのだから 神は与えた 人類のため 全ての愛…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索