人は断じて心を神に捧げていない

神に心の中を見せても

神に服従し 運命と存在を

神の支配に委ねたわけではない

神に誓いを立てようと

宣言しようと

神に支配させてない心は

神から見れば閉ざされている

神を信じても

心に神はなく

神を愛したいと思わず

愛し方も知らない

心は神から遠く

神を避けているから

人の心は神から遠い

あなたは神に心を捧げず

ただ神が喜ぶことを言うだけ

様々な偽りの意図や陰謀や計略を神から隠し

自分の将来を握りしめ

神に奪われるのを恐れている

だから神は人の誠実さを見ない

神を信じても

心に神はなく

神を愛したいと思わず

愛し方も知らない

心は神から遠く

神を避けているから

人の心は神から遠い

神は人の心の奥を見て

考えも望みも隠されていることも分かるが

人の心は神に属しておらず

神は見るだけで支配する権利はない

人は主観的意識の中で

自分を神に委ねたくないのだ

神に心を閉ざすだけでなく

心を隠し

甘言やへつらいで神をごまかし

信頼されようとする者さえいる

神から自分の素顔を隠す

これが神から見た人の心

神を信じても

心に神はなく

神を愛したいと思わず

愛し方も知らない

心は神から遠く

神を避けているから

人の心は神から遠い

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 2」より編集

前へ: 自分の終着点のために神を喜ばせようとする人間の醜さ

次へ: 神は人の真心を望む

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。…

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索