人は断じて心を神に捧げていない

神に心の中を見せても

神に服従し 運命と存在を

神の支配に委ねたわけではない

神に誓いを立てようと

宣言しようと

神に支配させてない心は

神から見れば閉ざされている

神を信じても

心に神はなく

神を愛したいと思わず

愛し方も知らない

心は神から遠く

神を避けているから

人の心は神から遠い


あなたは神に心を捧げず

ただ神が喜ぶことを言うだけ

様々な偽りの意図や陰謀や計略を神から隠し

自分の将来を握りしめ

神に奪われるのを恐れている

だから神は人の誠実さを見ない

神を信じても

心に神はなく

神を愛したいと思わず

愛し方も知らない

心は神から遠く

神を避けているから

人の心は神から遠い


神は人の心の奥を見て

考えも望みも隠されていることも分かるが

人の心は神に属しておらず

神は見るだけで支配する権利はない

人は主観的意識の中で

自分を神に委ねたくないのだ

神に心を閉ざすだけでなく

心を隠し

甘言やへつらいで神をごまかし

信頼されようとする者さえいる

神から自分の素顔を隠す

これが神から見た人の心

神を信じても

心に神はなく

神を愛したいと思わず

愛し方も知らない

心は神から遠く

神を避けているから

人の心は神から遠い


『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 2」より編集

前へ: 自分の終着点のために神を喜ばせようとする人間の醜さ

次へ: 神は人の真心を望む

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の言葉を実践し神を満足させることが第一

あなたに今求められているのは 誰もがなすべき人の本分であり 追加の要求ではない 本分をうまく果たせないなら あなたは自ら問題をもたらし 死を招いていないか どうして前途を望めるのか 神の働きにおいて力を尽くし忠誠であれ 観念にふけりじっと死を待っていてはならない 神はその働…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

神の現れが持つ意義

神の現れとは業のため神降ること 神の方法で身分も性質も保ちながら 時代を始めまた幕引くため 神は降る 神の現れはしるしや絵画ではなく 奇跡でも大いなる幻でもない ましてや宗教的な儀式でもない それは実際に見て触れることのできる事実である 神の現れは 業の手順踏むためや早く終わ…

神の権威は独特なもの

神の権威は独特で それは特有の表現と本質 神に造られたものであれなかれ 誰もこのような本質を持っていない 創造主だけがこの権威を有する 唯一神がこの本質を持つ 神はあらゆるものを創造し その全てを支配する 単に天体を支配するだけでなく 被造物や人類の一部だけでなく 万物を全能…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索