あなた方は聖霊が語るのを聞いたことがあるか

神は終わりの日に言葉で業を為し

肉となり言葉を話す

それは聖霊の言葉

神は霊であり

肉になれるから


聖霊の言葉は天から下り

人に届くと信じる愚か者たちがいるが

彼らは神の業を知らない

事実 肉となった神が聖霊の言葉を語る

聖霊が教会に言うことを

耳のある者に聞かせなさい

聖霊の言葉を聞いたか?

神の言葉が届いたのが

聞こえるだろうか?

聞こえるだろうか?


肉の神を否定する者は

業の原則も霊も知らない

今が聖霊の時代と知りつつ

新たな業を拒む者は

曖昧な信仰で

聖霊の業を受けられない

聖霊の言葉と業を望んでも

受肉の神の言葉と業を拒否する者は

新しい時代に入れず

完全に救われることはない


聖霊が教会に言うことを

耳のある者に聞かせなさい

聖霊の言葉を聞いたか?

神の言葉が届いたのが

聞こえるだろうか?

聞こえるだろうか?

聖霊もヤーウェも

人に直接語ることはなかった

律法の時代でさえ

律法の時代でさえ

今はなおさら語ることはない

語り働くため

神は肉にならないと

目的を達成できない


聖霊が教会に言うことを

耳のある者に聞かせなさい

聖霊の言葉を聞いたか?

神の言葉が届いたのが

聞こえるだろうか?

聞こえるだろうか?

聞こえるだろうか?

聞こえるだろうか?


『言葉は肉において現れる』の「自己の観念で神を定義する人がどうして神の啓示を受けることができるのか」より編集

前へ: 神の歩調に信者はしっかり従わなければ

次へ: 国籍と民族の観念を打ち破り神の現れを求めよ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神は人がいくつの道を進むべきか予め定めた

神が導く道はまっすぐではない それは穴だらけの曲がった道だ 道が険しいほど 私達の愛が明らかになると神は言う こんな道を開ける者は他にない 私は他の人々のようになりたくない 彼らの道を歩きたくはない 私は献身を果たす道を選んで 最後まで歩んでいく 人がどれほど苦しみ どれほど遠く…

神はサタンを打ち負かし人を救うために肉となった

神が肉体として地上にいる間 人々の間で神の業を行なう 全ての業にはたった一つの目的がある それは悪魔サタンを打ち倒すこと 神は人を征服することでサタンを倒す また人々を完全な存在にすることで 世界に鳴り響くような証しとするならば これもサタンの敗北のしるし 神はサタンを打ち倒し…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索