聖霊の働きに気をつけよ

聖霊に啓かれるのはどのような人ですか。思考が鋭敏で綿密な人です。そのような人は感覚や啓きを与えられると、それが聖霊によって与えられること、神がそのように働こうと望んでいることを認識できます。時には叱責されることもあり、それを感じ取るとすぐに自制します。これが聖霊に啓かれた人です。軽率で霊的理解に欠ける人は、感覚を与えられても悟ることができません。聖霊の働きに注意を払わないので、聖霊もそれ以上啓きません。三、四回続けて啓きを受け入れないと、聖霊はもう働きません。

中には思考が綿密でない人もいます。そのような人はいつも自分の夢を基に判断します。そのようにして正確な判断を下せますか。自分を知り、神の意志を理解するのは、外面の現象を通してではなく、真理と認識と経験を通してなすべきです。聖霊の働きは特に実際的です。真理を理解することしかできない人もいますが、聖霊の働きについて言えば、その人に経験はありません。将来、あなたがたは最も微妙な感覚、最もかすかな光に注意を払わなければなりません。何かが起きたときは真理の視点からそれを観察して対処すべきです。そうすれば徐々に正しい軌道に乗ります。

『キリストの言葉の記録』より編集

前へ: 聖霊が人に働くとき

次へ: 聖霊の働きに従い完成への道を歩みなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索