神は人が明るい道を得ることを望む

わたしはあなたがたを征服するため、あなたがたに何度も警告し、多くの真理を与えた。現在、あなたがたは従前よりも豊かであると感じ、人間のあるべき姿の原則を多数理解し、信心深い者が備えるべき常識を多数得ているであろう。それが、あなたがたが現在まで何年もかけて得た物事である。あなたがたの成果は否定しないが、その長い年月の間におけるあなたがたのわたしに対する数々の反抗や反逆もまた否定しないと、率直に述べる必要がある。なぜなら、あなたがたのうちには聖人は居らず、例外無くサタンにより腐敗させられた人間であり、キリストの敵だからである。

わたしはあなたがたとそのように暮らしたくはないが、あなたがたの将来と終着点のため、ここでもう一度、従前述べたことを繰り返す。あなたがたがわたしの望みを叶えてくれること、それ以上に、あなたがたがわたしの言葉を全て信じることが出来ること、そしてさらにわたしの言葉の深い意味を推し量ることが出来ることを願っている。わたしがあなたがたに述べている物事を今後あなたがたに伝えたり、それほど慈悲深く語る事が出来る者や、ましてやそれらの要点を辛抱強く説明できる者は居ないであろう。

今後の日々は、良き時代を回想し、むせび泣き、悲痛にうめきつつ過ごすか、あるいは暗い夜を、与えられた真理のかけらもいのちも無く過ごすか、あるいは単に絶望的に待って過ごすか、あるいは自分が不合理であることに関する苦い後悔の念とともに過ごすであろう。こうした可能性は、あなたがた各人にとって実質上不可避である。

あなたがたのうちには、神を真に崇拝する立場の者は皆無であるからだ。あなたがたは放縦さと邪悪の世界に耽溺し、自分の考えや霊魂、身体に、いのちや真理とは無関係であり、また実際にはそれらに反する無数の物事を採り入れる。そうしたわけで、わたしがあなたがたに望むのは、あなたがたが光の道へ導かれることが出来ることである。あなたがたが自分を思いやり、世話をして、自分の終着点に重点を置きすぎず、自分の行動や過ちに対して無関心とならずに居られることが、わたしの望みの全てである。

『言葉は肉において現れる』の「罪は人間を地獄へ送る」より編集

前へ: 神の要求からどれだけ離れているのか

次へ: 人間の過ちの行く末

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索