自分の本性を分析するには

さて、自分の本性を知るには、達成しなければならないことが幾つかある。第一に、自分が何を好むかを明確に理解しなければならない。これは食べ物や着る物の好みのことではない。むしろ、どのような物事を楽しみ、うらやましく思い、崇拝するのか、何を求めるのか、心の中で何に注意を向けているかという意味である。人の本性には、その人の好む物事の全般的な特徴がある。つまり、人は他者がその見た目ゆえにうらやむような物事や人々を好み、美しく豪華に見える物事や人々を好み、その外見ゆえに他者が崇拝してしまう物事や人々を好むのだ。人が好む物事は、偉大で目がくらむような、華麗で壮大なものである。人はみなこのようなものを崇拝する。人には真理が一切なく、また真正な人間と似ても似つかないことがわかる。このような物事を崇拝することには、ほんの少しの意義もない。

あなたが何を好み、何に注目し、何を崇拝し、何をうらやみ、毎日心の中で何について考えているのかは、みなあなたの本性を表している。あなたの本性は不義を好み、深刻な場合はあなたの本性は邪悪で救い難いと証明するにはこれで十分だ。自分の本性を分析するには、自分が生活において何を好み、何を捨てるのかを検証しなければならない。あなたは一時的には誰かに好意的かもしれないが、それはあなたがその人を好きだという証拠にはならない。あなたがほんとうに好きな物事は、まさにあなたの本性の中にあるものである。たとえ骨折しようが、なお楽しみ、決して手放すことのできないものである。これを変えるのは容易ではない。自分の奥底に潜む物事を変えられる人はいない。それは人間の本性に関わる事柄であり、人の本質を表わしている。

『キリストの言葉の記録』の「性質の変化について知るべきこと」より編集

前へ: どのようにして人間の本性を認識すればよいか

次へ: 重要なのは自分の思いと視点を知ること

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

完全な者とされるには

神により完全な者とされるには 街に出かけ 神のために費やすだけでは十分ではなく 完全な者とされるには 多くのものを持っていなければならない 苦しみに直面した時には 肉のことを考えず 神に不平を言わないようにしなければならない 神が自身を隠す時は 従う信仰と愛を持ち続け それを…

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

終わりの日に神は言葉を通して全てを成し遂げる

このようにして、終わりの日に、神が肉になるとき、神はすべてを成し遂げるために、すべてを明らかにするために、主として言葉を用いる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神とは何かを知ることができる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神が神自身であることを知ることができる。肉と…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索