神の言葉への接し方

神は多くの警告を与えた

征服するため 真理を与えた

疑って神の言葉を省いてはならない

神はそれを絶対に許さない

あなたがたは神とその言葉を疑い

神の言うことを決して受け入れない

だから神は真剣に言う

神の言葉を哲学や嘘と結び付けてはならない

さげすみの目で接してはならない

あなたがたが神の言葉一つひとつを

信じられるようになり

その深い意味を理解することを

神は願っている

神の言葉を裁き軽視したり

「神はいつも私たちを試す」

「言葉が正確ではない」と言ってはいけない

これらのことを神は容赦しない

あなたがたは神とその言葉を疑い

神の言うことを決して受け入れない

だから神は真剣に言う

神の言葉を哲学や嘘と結び付けてはならない

さげすみの目で接してはならない

あなたがたが神の言葉一つひとつを

信じられるようになり

その深い意味を理解することを

神は願っている

『言葉は肉において現れる』の「過ちは人間を地獄へ導く」より編集

前へ: 神の言葉を行いの基礎としなさい

次へ: 神の言葉に対して持つべき態度

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は全ての愛を人類に与えた

神は愛により 人を救う 救いの計画 成し遂げる たとえ義を 表すにせよ たとえ威厳を 表すにせよ そして怒りを 表すにせよ どれほど大きな 愛なのか?たとえ人が 尋ねても 大きさは 答えではない なぜなら 神のその愛は100パーセント なのだから 神は与えた 人類のため 全ての愛…

神の勝利の象徴

人は最初の姿に戻される 人々は己の努めを全うできる 自分の居場所で神の全ての定めに従う その時神は 地で神を礼拝する、一群の人を得るだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう 神は地上で永遠の勝利を得る 神に逆らう…

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索