478 神の言葉への接し方

1

神は多くの警告を与えた

征服するため真理を与えた

疑って神の言葉を省いてはならない

神はそれを絶対に許さない

あなたがたは神とその言葉を疑い

神の言うことを決して受け入れない

だから神は真剣に言う

神の言葉を哲学や嘘と結び付けてはならない

さげすみの目で接してはならない

あなたがたが神の言葉一つひとつを

信じられるようになり

その深い意味を理解することを

神は願っている

2

神の言葉を裁き軽視したり

「神はいつも私たちを試す」

「言葉が正確ではない」と言ってはいけない

これらのことを神は容赦しない

あなたがたは神とその言葉を疑い

神の言うことを決して受け入れない

だから神は真剣に言う

神の言葉を哲学や嘘と結び付けてはならない

さげすみの目で接してはならない

あなたがたが神の言葉一つひとつを

信じられるようになり

その深い意味を理解することを

神は願っている

『言葉は肉において現れる』の「過ちは人間を地獄へ導く」より編集

前へ: 477 神の言葉を行いの基礎としなさい

次へ: 479 神の言葉に対して持つべき態度

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索