神の言葉への接し方

神は多くの警告を与えた

征服するため 真理を与えた

疑って神の言葉を省いてはならない

神はそれを絶対に許さない

あなたがたは神とその言葉を疑い

神の言うことを決して受け入れない

だから神は真剣に言う

神の言葉を哲学や嘘と結び付けてはならない

さげすみの目で接してはならない

あなたがたが神の言葉一つひとつを

信じられるようになり

その深い意味を理解することを

神は願っている


神の言葉を裁き軽視したり

「神はいつも私たちを試す」

「言葉が正確ではない」と言ってはいけない

これらのことを神は容赦しない

あなたがたは神とその言葉を疑い

神の言うことを決して受け入れない

だから神は真剣に言う

神の言葉を哲学や嘘と結び付けてはならない

さげすみの目で接してはならない

あなたがたが神の言葉一つひとつを

信じられるようになり

その深い意味を理解することを

神は願っている


『言葉は肉において現れる』の「過ちは人間を地獄へ導く」より編集

前へ: 神の言葉を行いの基礎としなさい

次へ: 神の言葉に対して持つべき態度

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから でも神の心の中の 人への思いやり、心配、憐れみは変わらない 人間を滅ぼした時さえ 極みまで人が汚れ 不従順になっても神は その性質と本質のゆえに 原則に従い 人間を滅ぼさざるを得なかった 神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに 人…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索