837 完全な者とされるには

1

神により完全な者とされるには

街に出かけ

神のために費やすだけでは十分ではなく

完全な者とされるには

多くのものを持っていなければならない

苦しみに直面した時には

肉のことを考えず

神に不平を言わないようにしなければならない

神が自身を隠す時は

従う信仰と愛を持ち続け

それを衰え 消してはならない

神に用いられ完全な者とされるには

あらゆるものを持っていなければならない

苦しむ決意

信仰と忍耐

服従と神の業の経験

神の意志を把握し

悲しみを思いやること

精錬の一つ一つには信仰と愛が求められる

精錬の一つ一つには信仰と愛が求められる

2

神が何をしようと

神の計画を受け入れなければならない

不平を言う前に肉を呪い 嘆き

愛するものを失い

試練の時でも神を喜ばせよ!

試練の時でも神を喜ばせよ!

これが真の愛と信仰であり

背丈に関係なく

真の信仰と苦しみを受け

肉を捨てる決意を持たなければならない

あなたは痛みと損失に耐え

神の意志を満たすべきである

あなたは神を満足させられなかったことを

悔いなければならない

どれも不足してはならない

そうすれば神はあなたを完全にする

もし欠けるものがあれば

完全にはなれない

神に用いられ完全な者とされるには

あらゆるものを持っていなければならない

苦しむ決意

信仰と忍耐

服従と神の業の経験

神の意志を把握し

悲しみを思いやること

精錬の一つ一つには信仰と愛が求められる

精錬の一つ一つには信仰と愛が求められる

『言葉は肉において現れる』の「完全にされる者は精錬を経なければならない」より編集

前へ: 836 完全にされた人がもつもの

次へ: 838 誰にでも完全にされるチャンスがある

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索