言葉は肉において現れる

目次

現実をどのように知るか

神は実際的な神である。神の全ての働きは現実であり、神が話す全ての言葉は現実であり、神が示す全ての真理が現実である。神の言葉でないものは全て空虚で、存在しないも同然であり、確かでない。今日、聖霊は人々を神の言葉に導いている。もし人々が現実に入ることを追求しようとするならば、彼らは現実を求めて、現実を知らなくてはならない。そしてその後、現実を体験し、また現実を生きなければならない。人々が現実を知れば知るほど、ますます他者の言葉が現実であるかどうか見分けることができるようになる。人々が現実を知れば知るほど、ますます観念を持たなくなる。人々が現実の体験をすればするほど、ますます神の真実の業を知るようになり、ますます、堕落したサタンの性質から離れるのが容易くなる。人々が現実を積めば積むほど神を知るようになり、ますます肉を嫌悪し真理を愛するようになる。そして、人々が現実を積めば積むほど、ますます神の要求する基準に近づくようになる。神のものとされた人々は現実が備わった人々であり、現実を知っている。神のものとされた人々は、現実の体験を通して神の現実的な業を知るようになった。実際に神と協力し自分自身を抑制すればするほど、ますます聖霊の働きを得るようになり、さらなる現実を得るようになり、神による示しと導きを得るようになる。こうして、あなたの神の真の業に関する認識がますます広がっていく。もしあなたが現在の聖霊の光の中に生きることができるならば、実践への現在の道はあなたにとってより明確になるだろうし、そして過去の宗教的観念と古い習慣からあなた自身がもっと切り離されることができるだろう。今日、現実に焦点を当てている。人々が現実を積めば積むほどますます人々の真理に関する認識が明確になり、神の心の理解が増し加わる。現実は全ての文字や教義に優り、全ての理論や専門知識に優る。人々が現実に焦点を当てれば当てるほど、心からさらに神を愛するようになり、神の言葉に対する飢え渇きが強くなる。あなたが常に現実に焦点を当てていれば、あなたの人生哲学、宗教的観念、そして生来の個性が、神の働きを受けて自然に消滅していくだろう。現実を追求しない人々、現実に関する認識を持っていない人々は、超自然的なものを追及しやすいがゆえに、彼らは簡単に騙されてしまうであろう。聖霊はこのような人々に働く術を持たず、ゆえに彼らは虚しさを感じ、自分の人生には何の意味もないと感じる。

聖霊は、実際にあなたが自分自身を訓練し、実際に探し求め、実際に祈り、そして真理を探究するための苦痛もいとわない時にのみ働くことができる。真理を求めない人々は、文字や教義、空虚な理論ばかりで、真理を知らない人々は、当然ながら神に関して多くの観念を持っている。こういった人々は、神が彼らの肉の体を霊の体に変えて、第三の天に戻れるようにしてもらうことだけを切望している。なんて愚かな人たちだ!このようなことを言う人たちは全て、神の認識や現実に関する何の認識も持ち合わせていない。このような人々は、神と協力することはできず、受動的に待っているだけだ。人々が真理を理解し、真理を明確に知り、さらには真理に入り、真理を実行するには、実際に自分自身を訓練し、実際に探求し、実際に飢え渇きを持たなくてはならない。あなたが飢え渇く時に、そしてあなたが実際に神と協力する時に、神の霊は確実にあなたの心を動かし、そしてあなたの内に働く。それは、あなたにさらなるに啓示を運び、さらなる現実に関する認識を増やし、あなたのいのちのもっと助けとなる。

もし人々が神を知ろうとしたら、人々はまず神が現実の神であることを知り、神の言葉を知り、肉となった神の現実的な出現、神の現実的な働きを知らなくてはならない。神の全ての働きが現実であることを知った後でのみ、あなたは神と実際に協力することができ、それを通してのみ、あなたはあなたのいのちを成長させることができる。現実の認識を持たない人はみな、神の言葉を経験する術を持たず、彼らは自分たちの観念にのみ込まれてしまい、空想の中に生きる。その結果、彼らは神の言葉に関する認識を何も持たない。あなたの現実の認識が広ければ広いほど、あなたは神により近くなり、神とさらに親密になる。反対に、あなたがたがぼんやりとした抽象的なものと教義を求めれば求めるほど、あなたは神から遠く離れてしまうであろう。その結果、神の言葉を体験することはより厳しく難しく、神の言葉に入ることがより出来なくなってしまうと感じるようになる。神の言葉の現実に入り、霊的な生活の正しい軌道に乗りたいのであれば、あなたはまず現実を知り、曖昧で超自然的な物から離れなければならない。つまり、聖霊がどのように実際に内側からあなたを啓かせ、導くかを理解しなければならない。このように、もしあなたが、あなたの中に働かれる聖霊の実際的な働きを真に把握することができるならば、あなたは、神によって全き者とされる正しい道へと入るであろう。

今日、全てのことは現実から始まる。神の働きは最も現実的なものであり、人々が触れることができるものである。それは人々が体験でき、また獲得できるものである。人々の中には曖昧で超自然的なものが多く存在し、自身が神の現在の働きを知ることの妨げとなっている。従って、人は経験において常に逸脱しており、常に困難を感じているが、それは全て人の観念によって引き起こされている。人々は聖霊の働きの原理を把握することができなく、現実を知らず、そのため自らの成長の過程において常に消極的であり、神の要求を遠くから見るだけで、達成することはない。彼らは神の言葉が本当に良いということが分かるだけで、成長する道を見出すことはできない。聖霊はこの原則によって働く。人々の協調を通して、人々が積極的に祈り、探求して神に近づくことで成果が達成し、聖霊による啓発を受け、光に照らされる。聖霊が一方的に行動する、あるいは人が一方的に行動するということはない。両者の行動が必要不可欠である。人々が聖霊と協力すればするほど、そして、神の要求する基準に達することを求めれば求めるほど、聖霊の働きは大きくなる。聖霊の働きに人々の真の協力が伴ってのみ、神の言葉の本当の経験と実質的な認識が生まれる。このような経験を通して徐々に、完全にされた人が最終的に生み出される。神は超自然的なことは行わない。人は、神が全能で、全てのことが神によってなされるという観念を持っている。その結果、人々は消極的に待ち、神の言葉を読んだり、祈ったりせず、聖霊に触れられることを待っているだけである。しかし正しい理解を持っている人々は次のように信じている。「神の行いは私が協力する範囲にのみに及び、私の中における神の働きの効果は、私がどう神と協力するかにかかっている。神が語られるときには、私は神の言葉を求め、神の言葉に向かって突き進むために、あらゆる努力をすべきだ。これが私の達成すべきことだ。」

ペテロとパウロのうち、現実により注意を向けたのはペテロであることは明らかだ。ペテロの経験したことを見ると、彼は過去に失敗している人たちから多くを学び、かつての聖なる者たちの優れた点を自分のものにしたことが分かる。このことから、ペテロの経験がいかに現実的なものであったかが分かる。人々が触れ、実践でき、達成可能なものであった。しかしパウロは違った。第三の天に行くことや玉座へと昇ること、義の栄冠など、彼が話したこと全てが曖昧であり、目に見えないものばかりである。パウロが焦点を当てたことは外側のもので、地位や、人々への叱責、自らの長い経験の誇示と聖霊に触れられることなどである。彼が追求したもので現実的なものは何一つなく、大部分が空想であった。聖霊がどれほど人の心を動かすか、どれほど大きな喜びを人々が楽しむか、第三の天に行くこと、もしくは通常の訓練やそれをある程度楽しむこと、また神の言葉を読み、それをある程度楽しむことなど、全てが超自然的であり、いずれも現実的ではない。全ての聖霊の働きは普通であり、現実である。あなたが神の言葉を読み、祈る時、あなたの内側は輝き、揺るぎないものとなり、外の世界に妨げられることはない。あなたは喜んで神を愛し、すすんで前向きなものに関わろうとし、邪悪な世界を嫌う―これは神の内に生きているということで、人が言うような、楽しくてたまらないという意味はあまりない。そのようなものは現実的ではない。今日、全てが現実から始まる。神が行うこと全てが現実であり、あなたの経験において、あなたは真に神を知ること、神の働きの足跡を探し求めることに注意を払い、聖霊が人々に触れ、導き示す手段に注意を払うべきである。あなたが神の言葉を飲食し、祈り、より現実的な方法で協力し、ペテロのように過去の良いものを取り入れ、悪いものを拒絶し、あなたが耳で聞き、目で観察し、頻繁に祈り、心で思い巡らし、神の働きに協調するためにできる限りのことをするならば、神は確かにあなたを導くであろう。