どのように地上の神を知るか

あなたがたはみな、神の前で報われ、神の寵愛を受けたいと願っている。神を信じ始めた者は誰でもそのようなことを望むものである。誰もが高尚な物事を追い求めることに夢中になり、誰ひとり他者に後れを取りたくないからである。これが人というものである。まさにそれゆえに、あなたがたの多くが絶えず天の神の機嫌を取ろうとしているのだが、実際には、あなたがたの神に対する忠実さと正直さは、自分自身に対する忠実さと正直さに比べてずっと劣っている。わたしはなぜそう言うのか。なぜならわたしは、神に対するあなたがたの忠実さを全く認めておらず、それどころか、あなたがたの心の中にいる神の存在を否定しているからである。言うなれば、あなたがたが崇拝する神、あなたがたが敬慕する漠然とした神は、そもそも存在していないのである。わたしがこれほどまでに断言できるのは、あなたがたが真の神からあまりにも遠ざかっているからである。あなたがたの忠実さの根拠は、あなたがたの心の中にある偶像である。一方、わたしについて言えば、あなたがたは偉大とも非力とも思っていない神を、言葉で認めているにすぎない。神から遠ざかっていると言うのは、つまりあなたがたが漠然とした神を身近に感じている一方で、真の神からは遠く離れているということである。「偉大ではない」と言うのは、今日あなたがたの信じている神が、大した能力のない人間、大して高貴ではない人間のようにしか見えていないことを指している。そして「非力ではない」と言うのは、その人が雲を呼び雨を降らせることはできないにしても、神の霊に呼びかけて天と地を揺るがすほどの働きをさせ、人々をすっかり困惑させることができるという意味である。表面上は、あなたがたはみな地上のキリストに非常に従順なようだが、実質はキリストを信仰してもいなければ愛してもいない。つまり、あなたがたが本当に信じているのは自分自身の感情の漠然とした神であり、あなたがたが本当に愛しているのは、日夜恋い慕うものの直接会ったことがない神なのである。キリストに対するあなたがたの信仰はわずかでしかなく、愛はない。信仰とは信じることと信頼することである。愛とは心の中で崇拝して敬慕し、決して離れないことである。しかし、今日のキリストに対するあなたがたの信仰と愛は、そこに遠く達していない。信仰について言えば、あなたがたはキリストをどのように信仰しているのか。愛について言えば、あなたがたは彼をどのように愛しているのか。あなたがたはただ彼の性質を全く理解しておらず、ましてや彼の実質などなおさら知らないのに、どのようにして彼を信仰するというのか。彼に対するあなたがたの信仰の実体はどこにあるのか。どのように彼を愛しているのか。彼に対するあなたがたの愛の実体はどこにあるのか。

今日まで多くの人々が躊躇なくわたしについてきた。またこの数年間、あなたがたは大変な疲労に苦しんできた。あなたがたひとりひとりの生来の気質や傾向を、わたしはすみずみまで明確に把握してきた。あなたがたのひとりひとりと関わり合うのはとてつもなく難儀である。遺憾なのは、わたしがあなたがたのことを大いに把握しているというのに、あなたがたはわたしのことを全く理解していないということである。あなたがたは混乱している瞬間に誰かの策略に引っ掛かったのだと、人々が言うのも無理はない。事実、あなたがたはわたしの性質について何も理解せず、ましてやわたしが何を考えているのか洞察することなどなおさらできない。今日、あなたがたのわたしに関する誤解は雪だるま式に膨れ上がり、わたしに対する信仰は混乱した信仰のままである。あなたがたはわたしを信仰しているのではなく、わたしの機嫌をとり、わたしにへつらおうとしていると言うのがより適切だろう。あなたがたの動機は非常に単純である。誰であれ、報いてくれるなら従うし、大きな災難を免れさせてくれるなら信じる。神でもいいし他の何らかの神でもいい。そのどれも自分には関係ない、というのである。このような人はあなたがたの中に大勢おり、この事態は非常に深刻である。もしいつの日か、キリストの実質を理解しているがゆえに彼を信仰しているという人があなたがたのうちどれほどいるかを調べたとしたら、おそらくわたしが納得できる人は一人としていないだろう。したがってこの問いについてくらいは考えてもよかろう。あなたがたの信じる神はわたしと非常に異なっている。ならば、あなたがたの神への信仰の本質とは何か。あなたがたの神なるものを信じれば信じるほど、あなたがたはわたしからさらに逸れていく。ならば、この問題の本質とは何か。あなたがたのうち誰一人としてこのような問いについて考えたことがないのは明らかだが、そのことの重大さが頭に浮かんだことはあるのか。このような形で信じ続けた末の結果を考えたことはあるのか。

今日、あなたがたは多くの問題に直面しているが、あなたがたの中で問題解決に長けた人は一人もいない。このような状況が続けば、損するのはあなたがた自身に他ならない。この問題を突き止めるのをわたしは手伝おう。しかし、その解決はあなたがた次第である。

わたしは他者を疑わない者を好む。そして真理を快く受け入れる者を好む。この二種類の人々をわたしは大いに保護しよう。わたしから見ると彼らは正直な人々だからである。もしあなたが嘘つきなら、全ての人々や物事に対し慎重で疑い深くなるだろうから、わたしに対するあなたの信仰も疑念を基盤にして成り立つことになる。そのような信仰をわたしは決して認めない。真の信仰がないあなたには、真の愛はなおさらない。そして気の向くままに神を疑い、神への憶測を巡らせがちなら、あなたは間違いなくあらゆる人々の中で最も不正直である。あなたは神が人間のようでありうるかどうか憶測する。許し難いほど罪深く、狭量な性質で公正さと分別に欠け、正義感がなく、邪悪な策略に溺れ、不誠実でずるく、悪事や闇を喜ぶ、といった具合である。人は神のことを少しも知らないがゆえに、このような考えをもつのではないか。このような信仰は罪以外の何物でもない。中には、わたしを喜ばせるのはまさに媚びへつらいごまをする者たちであり、そのような技量のない者は神の家では歓迎されずに居場所を失う、と信じている者すらいる。長年かけてあなたがたが得た認識はこれだけなのか。これがあなたがたの手に入れたものなのか。わたしに関するあなたがたの認識はこのような誤解にとどまらない。さらに悪しきは、あなたがたによる神の霊への冒涜と、天に対する悪口である。あなたがたのような信仰のせいで、あなたがたはますますわたしから逸れていき、わたしとさらにひどく敵対するだけだとわたしが言うのは、それゆえである。長年にわたって働くあいだずっと、あなたがたは多くの真理を目の当たりにしてきた。しかしどのような事柄がわたしの耳に入ってきたか、あなたがたは知っているのか。あなたがたのうち喜んで真理を受け入れる人はどれほどいるのか。あなたがたはみな、自分たちは喜んで真理の代価を払うと信じているが、真理のために本当に苦しんだ者が、あなたがたの中にどれほどいるというのか。あなたがたの心の中には不義しかなく、そのため誰もが同じように不正直で心が曲がっていると思うのである。受肉した神が普通の人間のように優しい心や慈愛を持ち合わせていないこともありうる、と信じるに至るほどに。さらに、あなたがたは高潔さや憐れみ深く慈愛に満ちた性質は天の神にのみ存在すると信じている。あなたがたは、そのような聖人は存在せず、ただ闇と悪が地上を支配するのみだと信じているが、その一方で神とは、人々が善きものや美しきものに対する自らの切望を託す先であり、人々によって作られた伝説上の人物なのである。あなたがたの頭の中では、天の神とは非常に立派で正しく偉大な、崇拝し敬慕する価値のあるものであり、一方、地上の神は天の神の単なる代役、単なる道具にすぎないということになっている。あなたがたは、この地上の神は天の神に等しいはずがない、まして天の神と比較するなど話にならないと信じている。神の偉大さと栄誉に関して言えば、これらは天の神の栄光に属するものだが、人間の本性や堕落となると、それらは地上の神もその一部を有している特質だというのである。天の神は永遠に高貴だが、地上の神は永遠に取るに足りず、弱く、無能である。天の神は感情的になることなく、ひたすら義であるが、地上の神には利己的な動機しかなく、公平さも分別もない。天の神は少しも曲った所がなく永遠に誠実だが、地上の神には常に不正直な面がある。天の神は人間を深く愛するが、地上の神が人間に示す配慮は不十分で、人間を全く顧みないことすらある。このような誤った認識がもう長い間あなたがたの心の中にあり、将来にわたり永続する可能性もある。あなたがたはキリストの全ての行いを不義な視点から見ており、キリストの働きの全ても、キリストの身分も実体も、悪人の視点から評価する。あなたがたは重大な過ちを犯し、先人の誰もがなさなかったことをなしてきた。つまり、あなたがたは頭に王冠を戴せた高貴な天の神だけに仕え、取るに足りないと見なすあまり自分の目には映らない地上の神のことは、決して留意しないのである。これはあなたがたの罪ではないか。神の性質に背くあなたがたの典型的な例ではないか。あなたがたは天の神を崇拝する。あなたがたは高貴な像を崇拝し、雄弁で名高い者たちを尊ぶ。あなたは、その手を富で満たしてくれる神の命令には喜んで従い、望みを全て叶えてくれる神を渇望する。あなたが崇拝しない唯一のものは高貴でないその神であり、あなたが嫌う唯一のことは、誰からも高く評価されないその神と関わることである。あなたがやりたがらない唯一のことは、あなたに一銭ももたらさないその神に仕えることであり、あなたが恋い慕うよう仕向けることのできない唯一の者は、魅力のないその神である。この種の神はあなたの視野を広げられず、あたかも宝物を見つけたかのように感じさせることもできず、ましてやあなたの願いをかなえることもできない。ならば、なぜあなたは彼について行くのか。このような問いについて考えたことはあるのか。あなたのしていることはそのキリストに背くだけではない。より重大なのは、天の神に背くということである。これが神を信仰するあなたがたの目的ではあるまい。

あなたがたは神に喜んでもらうことを切望するが、神から遠く離れている。何が問題なのか。あなたがたは神の言葉こそ受け入れるものの、神の取り扱い、神の刈り込みは受け入れず、まして神の采配の一つ一つを受け入れること、神を完全に信仰することなどできない。ならば何が問題なのか。つまるところ、あなたがたの信仰とは、ひよこが生まれることのない空っぽの卵の殻なのである。あなたがたの信仰は真理をもたらすこともいのちも与えることもなく、代わりに支えと希望という錯覚を与えてきた。この支えと希望という錯覚こそが、あなたがたが神を信じる際の目標であり、真理やいのちが目的ではないのである。だからこそわたしは、あなたがたの神への信仰の流れが、盲従と無恥によって神の機嫌を取ろうとする行為以外の何物でもなく、決して真の信仰と見なすことはできない、と言うのである。このような信仰からどうしてひよこが生まれようか。言い換えれば、このような信仰が何を成しうるだろうか。あなたがたが神を信じる目的は、自分の目標を達成するために神を使うことである。これは神の性質に背いたことを表すさらなる事実ではないか。あなたがたは天の神の存在は信じ、地上の神の存在を否定するが、わたしはあなたがたの見方を認めない。わたしは地に足を着け地上の神に仕える人だけを賞賛し、地上のキリストを認めようとしない人は決して賞賛しない。そのような人は、どれほど天の神に忠実であろうとも、最後は悪人を罰するわたしの手から逃れられない。このような人は悪人である。彼らは神に敵対し、キリストに喜んで従ったことのない邪悪な者たちである。無論、キリストを知らない者、さらにはキリストを認めない者もみなこれに含まれる。あなたは天の神に忠実でありさえすれば、キリストに対して好きなように行動してもよいと思っているのか。それは誤りである。あなたがキリストを知らないのは、天の神を知らないということである。あなたがいかに天の神に忠実であろうとも、それは空論と見せかけにすぎない。と言うのも地上の神は、人間が真理とより深遠な認識を受け取るだけでなく、それ以上に、人間を断罪し、そののちに事実を掴んで悪人を罰することに貢献するからである。これによる有益な結果と有害な結果をあなたは理解したのか。そのような結果をあなたは経験したのか。わたしは、あなたがたがこの真理を早晩理解できるよう願っている。すなわち、神を知るには、天の神だけでなく、より重要なこととして地上の神を知らなければならない、ということである。優先順位を取り違えたり、主要なものよりも二次的なものを優先させたりしてはならない。このようにすることでのみ、あなたは神と真によい関係を築くことができ、より神に近づき、あなたの心をより神に近づけることができるのである。あなたがわたしを長年信仰し、わたしと長らく関わってきたにもかかわらず、わたしから遠く離れたままならば、あなたは度々神の性質に背いており、あなたの最後は実に測りがたいものになるはずだ、とわたしは言う。わたしと長年関わっても、それによってあなたが人間性と真理を有する人物へと変化せず、その上さらに、あなたの本性に悪の道が根付き、傲慢さが以前の倍になるだけでなく、わたしに関する誤解も増大し、わたしを単なる仲間と見なすまでになってしまったのならば、あなたの厄災はもはや皮膚の表面どころではなく、まさに骨まで貫いていることになる。あなたに残されたのは自分の葬儀の準備が整うのを待つことだけである。その時になって、あなたの神になるようわたしに懇願するには及ばない。あなたは死に値する罪を、許されざる罪を犯したからである。たとえわたしがあなたを哀れむことがあったとしても、天の神はあなたの命を取り上げると断言するだろう。あなたが神の性質に背いたことはありふれた問題などではなく、非常に重大な性質をはらむ問題だからである。その時が来ても、前もって教えてくれなかったとわたしを責めてはならない。話は全てここに戻ってくる。あなたがキリスト、すなわち地上の神を普通の人間と見なして関わるならば、つまり、その神は一人の人間にすぎないと信じるならば、そのときあなたは滅びることになる。これが、あなたがた全員に対するわたしの唯一の警告である。

前へ: 神の性質を理解することは極めて重要である

次へ: 極めて深刻な問題──裏切り(1)

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

第二十三章

わたしの声が響き渡り、わたしの目が火を放ち、わたしは全地を見渡す。わたしは全宇宙を見ている。人間はみな、わたしに向かって祈り、仰ぎ見て、怒りを鎮めるよう懇願し、もう逆らわないと誓っている。しかし、今はもう昔ではない。これは今のことだ。誰がわたしの心を元に戻すことができるのか。人間…

神を知る者だけが神に証しをすることができる

神を信じ、神を知ることは、天の法則であり地上の原則である。そして今日、受肉した神がその働きを自ら行なっているこの時代は、神を知るのに特に良い時である。神を満足させることは神の旨の理解を基盤として達成されるものであり、神の旨を理解するためには、神について多少の認識をもつことが必要に…

人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く

人は現在の働きと将来の働きを少しは理解しているが、人類が入る終着点については理解していない。被造物として、人はその本分を果たすべきである。つまり、人は神のなすことが何であれ彼に従うべきである。わたしがあなたがたにどんな道を示そうが、その道を歩むべきである。あなたには自分のために采…

神を愛することだけが本当に神を信じることである

今日、神を愛し、知ろうとする時、ある一面においてあなた方は困難と精錬に耐えなければならず、別の面においては、代償を払わなければならない。神を愛することから学ぶ教訓ほど深い教訓はなく、人が生涯にわたる信仰から学ぶ教訓は、いかに神を愛するかであると言える。つまり、神を信じるなら、神を…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索