ペトロの道をたどる方法

ペトロの道をたどることは真理を追求する道をたどることである。

それはまた、真に己を知り、自分の性質を変える道である。


ペトロの道だけが神によって完全にされるよう導いてくれる。

その道をどのように見つけるかを知り、それを実行にうつしなさい。

まず最初にあなたの意図、家族、ふさわしくない追求、

あなたの肉に属するものを捨てなさい。

そして、神の言葉のために捧げ尽くしなさい。

神の言葉を食べ、飲み、神の意志と真理を探し求めしなさい。

ペトロの道をたどることは真理を追求する道をたどることである。

それはまた、真に己を知り、自分の性質を変える道である。


そうです、これが最も基本的で重要な実践である。

これはイエスに出会った後にペトロがしたことであり、

このように実践すれば最良の結果が得られる。

神の言葉への全身全霊の献身とは真理を探求すること、

言葉の内にある神の意志を求めることだ。

神の意志を把握することに集中せよ。

神の言葉からより多くの真理を理解し獲得することに集中せよ。

ペトロの道をたどることは真理を追求する道をたどることである。

それはまた、真に己を知り、自分の性質を変える道である。


神の言葉を読む時、ペトロは

教義の理解や

神学的知識を求めたりはしなかった。

彼の焦点は真理、神の意志を知ること、神の性質、

そして、神の素晴らしさだった。

ペトロの道をたどることは真理を追求する道をたどることである。

それはまた、真に己を知り、自分の性質を変える道である。


ペトロは又、神の言葉を通して、

人間の堕落した状態と本性と欠点を理解しようとした。

そうして神の要求の全ての側面を実現し、神を満足させたのだ。

ペトロは神の言葉の中で多くの正しいことを実践した。

それは神の意志に忠実なことであり、神への最良の協力である。

ペトロの道をたどることは真理を追求する道をたどることである。

それはまた、真に己を知り、自分の性質を変える道である。


『キリストの言葉の記録』の「ペテロの道を歩むには」より編集

前へ: ペテロは神を一番よく知っていた

次へ: ペテロは神を知ることをいつも追求した

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索