人には少しも理知がない

人は自分にあまり多くを要求しないのに、神には多く要求をします。自分に神が特別の好意を示し、忍耐強く寛容であり、自分を大切にし、糧を与え、微笑みかけ、全てに配慮するよう求めるのです。神が自分に厳しくしないように、自分の気分を害しないよう期待し、神が日々甘い言葉で語りかける時だけ満足します。人には少しも理知がありません。自分が何をすべきか、何を成し遂げるべきか、どんな視点をもつべきか、どんな立場に立って神に仕えるべきか、自分にふさわしい立場は何か理解していません。ささやかな地位をもつ人は自分をとても高く評価し、地位のない人も自分を大いに評価します。人は自分をまったく知っていません。


現在、あなたがたはあまりに多くを要求しますが、それらは極めて過大です。あなたがたに多くの意図があるということは、自分が正しい立場に立っていないこと、自分の立場が高すぎること、自分を神に勝るとも劣らず立派なものと見なしていることを証明しています。だからあなたは取り扱いがたく、それはまさにサタンの本性です。神がどのように語ろうと、あなたにどれだけ厳しく、あなたを無視しようと、あなたは神への信仰において、不満を漏らさず信じ、いつも通り本分を尽くし続けるべきです。そうすれば成熟した経験豊かな人になり、すこしは真の霊的背丈と、正常な人間の理知をもてるようになります。神に要求することも、大それた願望を抱くことも、自分の好みにしたがって人や神に何かを求めることもなくなります。それは、あなたがある程度人間らしさを持っていることを示します。


『キリストの言葉の記録』の「常に神に対して要求がある者は最も理知に欠ける」より編集

前へ: 人が神に服従するための基準

次へ: 神に要求するとき人は神に逆らい易い

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆる…

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

神の言葉による裁きは人を救うため

神が語った刑罰や裁きについての多くの言葉は あなたに下ることはなかった そう、確かに下ることはなかった 神は業を為し、語るために来た 神の言葉が厳しいのは あなたの堕落と反抗を裁くためなのだ 神の目的は人を害することではなく サタンの支配から救うことである 神の言葉が厳しいのは成…

神の現れが持つ意義

神の現れとは業のため神降ること 神の方法で身分も性質も保ちながら 時代を始めまた幕引くため 神は降る 神の現れはしるしや絵画ではなく 奇跡でも大いなる幻でもない ましてや宗教的な儀式でもない それは実際に見て触れることのできる事実である 神の現れは 業の手順踏むためや早く終わ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索