神の受肉は主に神の言葉を表すため


実際の神と受肉の意味を

人はほとんど知らない

神の肉については

神の働きと言葉を通して

人は神の霊が豊かで壮大だと知る

霊が肉に来る本当の意味は

人が神と交わり

神に頼り

神の知識を得ること


あなたはこの人を崇めているが

実際は神の霊を崇めている

神の受肉について人が知るべき最低限のこと

肉を通して霊の本質を知り

神の神性と人性の働きを知り

霊の言葉を受け入れ

霊が肉を指揮して

肉が神の力を示す様を見ながら

肉が神の力を示す様を見ながら

霊が肉に来る本当の意味は

人が神と交わり

神に頼り

神の知識を得ること


肉を通して言葉を表し

霊の働きを完成させるため

神は天から地に来た

霊と人の間に神の出現を

人は肉を通して知るようになり

観念的で漠然な神を一掃する

人は実際の神を賛美し さらに従う

神性と肉の人性の働きを通して

牧会と啓示と性質の変化を得る

霊が肉に来る本当の意味は

人が神と交わり

神に頼り

神の知識を得ること

『言葉は肉において現れる』の「実際の神は神自身であることを知るべきである」より

前へ: 神が肉となった時だけ人は神の親しい友となる

次へ: 神の受肉の権威と意義

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

パリサイ人たちがイエスに反抗した理由の根拠

あなたは何故パリサイ人たちが イエスに反抗したのか知りたいか? 彼らの本質が何であるのか知りたいか? 彼らはメシアへの幻想と メシアの到来を信じるだけで いのちの真理は求めていなかった 彼らは救い主を待っているが それは真理といのちの道を知らないから これ程愚かで・・頑なで…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索