神の三段階の働きの内なる真実

神の三段階の働きの最初のものは、霊が直接行ったもので、肉によるものではなかった。しかしながら、神の三段階の働きの最後のものは受肉した神が行うもので、霊が直接行うものではない。中間段階の贖いの働きもまた、神が受肉して行った。全経営(救い)の計画を通して、最も重要な働きは人間をサタンの影響から救う働きである。重要な働きは堕落した人間を完全に征服することで、それによって、征服された人間の心に本来あった神への崇敬の念を回復し、正常な生き方ができるようにする、つまり、神の被造物として正常な生き方ができるようにするのだ。この働きは最も重要なもので、経営(救い)の働きの核心である。

この二つの段階は全経営(救い)の計画の中でまことに重要なものであるため、神が受肉してこの二つの段階を実行する。こう言ってもいいだろう──神の二回の受肉の働きがなければ、経営(救い)の計画全体は停止し、人類の救いの働きは空虚な言葉でしかなかっただろう。この働きが重要であるかどうかは、人間の必要、人間の堕落の現実の状態、サタンの甚だしい不服従、それが働きを妨げている程度による。誰が任務にふさわしいかは、その働きの性質と重要性とによって決まる。

各段階の働きには意味と根拠がある。それらは根拠のない想像ではなく、また、恣意的に行われたことでもない。そこにはある種の知恵が働いている。それが神の働きの背後にある真実である。霊の働きであろうと、受肉した神の働きであろうと、いずれも神の働きの計画を含んでいる。神は無意味に働きをせず、取るに足りない働きもしない。霊が直接働く時、神の目的を伴っている。神が働きのために人間になるとき(つまり外形を変える時)は、それ以上に目的があってのことである。そうでなければ、どうして進んで身分を変えるだろう。そうでなくて、どうして進んで卑しくみなされ迫害される人になるのか。

『言葉は肉において現れる』の「堕落した人間は受肉した神による救いをより必要としている」より編集

前へ: 働きの三段階は神の救いを完全に表す

次へ: 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

あなたは永遠のいのちの源を知っているか

神は人の命の源であり 天と地は神の力によって生きている 命ある全てのものたちは 神の支配と権威から逃れられない あなたが何者であったとしても 人々は神に従わなくてはならない そしてまた人は 神の支配と神の命令に服従しなければならない あなたは熱意を持って 命と真理を探しているか…

あなたの苦しみがどんなに大きくても神を愛することを求めよ

今日の神の働きが どれほど価値あるものか 理解するべきだ 多くの人はそれを知らず 苦しみには価値がないと思う 彼らは信仰ゆえに虐げられ 世に避けられ家庭でも悩みがある 彼らの未来はあまりに暗く 苦しみのあまり死を望む者もいる こんなことで神への愛を示せるか! このような者に…

罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者 信仰の確信のない者 魔術師や妖術師 好色で落ちぶれた者 神から盗み、捧げものを奪う者 賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者 高慢で名利を追い求める者 不遜な言葉を広め 冒涜的で神をそしる者 神を裁く者 徒党を組み集う者 神の上に立うとする者 浮…

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索