第三十五章

今日、すべての人間は、程度に差はあるが、刑罰の状態に入っている。神が次のように言った通りである。「わたしは人間と一緒に出ていく」。これは完全に本当であるが、人々はまだこの点を完全には理解できていない。その結果、彼らが行った働きの一部は不必要になっている。神はこう語った。「彼らの霊的背丈に応じて支援し、施す。人間はわたしの経営計画全体の中心人物なので、わたしは『人間』という役割を与えられた人々をさらに導き、彼らが心と能力の限りを尽くしてその役割を演じられるようにする」。またこうも語った。「しかし、彼らの良心を直接批判することは断る。むしろ辛抱強く、整然と彼らを導き続ける。結局、人間は弱く、何の働きも行なえないのだ」。神の考えはこうである。たとえ最終的に神がこれらすべての人間を根絶することになるとしても、地上における神の働きは最初の計画に従ってさらに続くであろう。神は無駄な働きは行っていない。すべて神が行うことは申し分がない。ペテロが次のように言ったとおりである。「たとえ神が人間をおもちゃのようにもてあそんでいたとしても、どうして彼らは文句を言うことができるだろう。彼らはどのような権利を持っているのだろう」。今日において、これは神が人類に達成していることではないだろうか。人間は本当にこのような見解を持つことができるのだろうか。今日の近代化したハイテクの時代に生きる「ペテロたち」にはできないのに、なぜ二千年前のペテロはそのようなことを言えたのだろう。わたしには歴史が進化しているのか、退化しているのか、断言することはできない。科学が一段と進歩しているのか、後退しているのかは、これまでのところ誰も答えることのできない問題である。神が人々に対して行ってきたことのすべては彼らを積極的にし、いのちにおいて成長できるようにすることである。人々はこれが理解できないのだろうか。あなた方を否定的にするものはすべてあなた方の弱点なのである。それは脆弱性という致命的な点であり、サタンの攻撃を受けやすい。これがわかるだろうか。なぜ神はこのように語ったのだろう。「(わたしがまったく)真剣に誠意を尽くして彼らに懇願しているのだ。彼らは本当にわたしが求めることを行なえないのか」。これらの言葉は何を意味するのだろう。なぜ神はこのような質問をしたのだろう。これは、人間には否定的面が多すぎるが、人間をつまずかせるのにはたった一つの否定的要素があれば十分であるという意味だ。あなた方は否定的なやり方を続けることが何をもたらすか考えてみるとよい。神が行うすべては人間性を完全にすることに使われている。このことに更に説明の必要があるだろうか。わたしはそうは思わない。人間はサタンにとりつかれていると指摘することはできるが、人間は消極性にとりつかれていると言ったほうがずっと良いだろう。これは人間が自分を表現する方法の一つである。消極性は彼らの肉体の付属物である。したがって、彼らは皆無意識のうちに消極的状態に陥っており、それとともに刑罰に陥る。これは神が人間のために準備した罠であり、この時に人間はもっとも苦しむ。人々は消極性の中に住んでいるので、刑罰から脱却するのはむずかしい。これはまさに今日の物事の実情ではないだろうか。しかし、人間はどうして神の次の言葉を無視できるだろうか。「今日、サタンは極限まではびこっている。わたしがこの機会を利用してわたしの働きの中心を見せつけ、わたしの力を明らかにしようとしないのはなぜか」。わたしが人々に何か気づかせることを言うや否や、あちこちの教会の人々は直ちに刑罰に陥る。これは神が2か月間働いたが、人々がまだ重要な内部変化を経験していないからである。彼らは自分の考え方で神の言葉を分析するだけなのだ。そして実際には彼らの状態はまったく変わっていない。彼らは相変わらず否定的なままである。こういう状況だから、神が刑罰の時が間近だと言うと、人々はすぐに動揺して次のように考える。「わたしは神によって運命づけられているかどうかわからないし、この刑罰の下で毅然としていられるかどうかもわからない。人々を罰するために神がどのような方法を用いるか知ることはさらに難しい」。人間は皆刑罰を恐れているが、変わることができない。彼らはただ黙って苦しむが、毅然としていられないことも恐れている。このような状況では、彼らに課される刑罰と言葉による責め苦がなくても、人々は無意識のうちにいつの間にか刑罰の状態に入った。このように、彼らは皆緊張して、落ち着きがない。これは「自分がまいた種を刈る」と呼ばれる。人間は神の働きをまったく理解しないからである。実のところ、神はこれらの人々のためにこれ以上言葉を無駄にする気はない。つまり、神は本当の刑罰ではない、別の方法を採用して彼らを取り扱っているように思われる。人がひよこを捕まえ、それが雌鶏か雄鶏かを見るために取り上げる時のようである。これは大したことではないように思われるかもしれないが、この小さいひよこは、今にも人間に殺されて食べられてしまうのを怖がっているかのように非常におびえて、自由になろうともがくだろう。ひよこには自分自身がまったくわかっていないからである。わずか数十グラムの重さしかないひよこをどうして殺して食べることがあり得よう。馬鹿げた話である。まさに神が次のように言ったとおりである。「では、なぜ人々は絶えずわたしを避けるのか。捕まった途端に殺される雛のように取り扱うからか」。したがって、人々が苦しむのはすべて「無私の献身」のせいであり、無駄な支払いと言うことができる。人々が恐れるのは自分自身を知らないからである。その結果、彼らは自分のいのちを危険にさらすことができない。これが人類の弱点である。神が語った「最後には、人間に自己を分からせよう。これがわたしの最終目標である」という言葉は時代遅れなのだろうか。自分自身を本当に知るものなどいるのだろうか。自分自身を知らなければ、刑罰を受ける権利を誰が与えるのだろう。子羊を例に取り上げてみよう。子羊が成長して羊にならなければ、屠殺されることなどないだろう。実を結んでいない樹木が人々に喜ばれるだろうか。誰もが「予防接種」を重要視しすぎる。このようにして、人々は皆断食を実行し、それで空腹になる。これは自分が蒔いた種を刈り取る一例である。彼ら自身が自分に害を及ぼしているのであって、神が野蛮だとか、非人間的であるということではない。ある日、人間が突然自分自身を知り、神の前で恐怖に震えるならば、神は彼らを罰し始めるだろう。このようにしてはじめて、人間は従順に、進んで困難を受け入れるだろう。だが、今日の有様はどうだろう。人々は皆、食事を作らされる子供のように、自分の意志に反して刑罰を受け入れる。そのような状態で、人々が不安を感じずにいられるだろうか。誰でも次のように考える。「まあいいさ。刑罰を受けている間、私は頭を下げて、有罪を認めたほうがよい。私に何ができるだろう。たとえ泣いていても、私は神を満足させなければならないのだから、私に何ができるだろう。誰が私にこの道をまっすぐ歩いて行けと言ったのだろう。まあ、いいさ。私は運が悪いと思うことにしよう」。人々はこのように考えるのではないだろうか。

神は次のように言った。「人類は礼儀正しく振る舞っているのであって、誰もあえてわたしに反対しようとはしない。すべてはわたしの導きのもとにあり、わたしが割り当てた働きを行なっている」。明らかに、一人として進んで刑罰を受けようとする者はいないし、しかも、それは神からの刑罰である。なぜなら、人間は皆動揺と混沌の中にいるよりものんびりと暮らす方を望むからである。神は次のように言った。「死を恐れない者がいるだろうか。人々は本当に自分のいのちを危険に晒せるのか」。これは完全に正しい。怒りや絶望に駆られた場合はもちろん別として、誰でも死を恐れているのだ。これは人間の本質であり、解決するのは非常に難しい。今日、神はまさにこの苦境を解決するためにやって来た。人間は皆無力なので、人々のこうした病を治す専門病院を設立するために、神はわざわざ無理して彼らの中に現れた。人々はこのやっかいな病から抜け出すことができないので、皆非常に不安になり、口内炎が生じたり、腹部が膨れたりする。そのうちに体内のガスの量が増え、圧力が増す結果になる。最後に胃が破裂し、彼らは皆死ぬ。したがって、その時点で、神はこの深刻な人間の病気を治療したということになる。なぜなら誰もが死んでしまったからである。これは人間の状態を治療したことになるのではないだろうか。神はこの働きをしようという計画のもとにやって来た。人々が死を過度に恐れているので、神は人間と同じ仕事を分かち合うために自身でやって来た。人々はあまりにも勇気がないので、神は彼らに実演して見せることから始めた。この先例を見た後ようやく誰もが進んで従うようになる。こういうわけで、神は次のように言ったのだ。「誰もわたしの働きを実行できなかったので、わたしは自ら戦場に足を踏み入れ、サタンと生死を賭けた戦いを繰り広げてきたのだ」。これは、魚が死ぬか網が破れるか、天下分け目の戦いである。これは確かである。精神が結局は勝利を収めるので、死の標的が肉であるのは間違いない。ここで言わんとすることが分かるだろうか。しかし、神経過敏になってはならない。この文章は単純かもしれないし、複雑かもしれない。どちらにせよ、人々はそれを理解できない。これは確かである。人間はその苦しみの中から神の言葉による精錬を受け入れることができる。それなら、これは彼らの幸運であると言えるだろう。しかし、彼らにとって不運であるとも言えだろう。それでも、わたしは皆に神の意志は正しいことを思い起こさせたい。結局――神の意志は、いつも自分自身のために計画や取り決めを行う人間の意志とは違うのだ。あなた方はこのことをはっきりさせておくべきであり、堂々巡りの熟慮に陥ってはならない。これはまさに人間の弱点ではないだろうか。彼らは皆次のようである。つまり、神に多大なる愛を抱くよりはむしろ、自分自身に多大なる愛を抱いている。神は人間に嫉妬する神であるから、いつも彼らに要求を出す。人々が自分自身を愛すれば愛するほど、神は彼らにますます神を愛すように要求し、その要求はさらに厳しくなる。あたかも神はわざと人々をからかっているかのようである。人々が本当に神を愛すれば、神は彼らを受け入れないように思われる。このため、人々は皆熟慮する時、頭を掻き、耳をひっぱっている。これは神の性質についての話であり、一つか二つの事を簡単に述べているだけである。だが、これは神の意志である。人々が知るようにと神が要求していることであり、必要不可欠なことである。これは新しい課題であり、人々は一生懸命努力してその困難を打ち破り、新たな進歩を遂げなければならない。これがわかるだろうか。この件に関しわたしはもっと話す必要があるだろうか。

過去の時代に関し、神は次のように言った。「わたしによって選ばれた者は一人としていなかった。誰もがわたしの声なき手紙によって拒絶されたのである。これは、過去の人々がひたすらわたしに仕えなかったからであり、ゆえにわたしも彼らだけを愛することはなかった。彼らはサタンの『贈り物』を受け取り、それから振り向いてそれらをわたしに捧げた。これはわたしへの中傷ではなかったか」。これらの言葉はどのように説明できるだろう。「すべての才能はサタンが起源である」と神が言った通りである。過去の時代の使徒と預言者は、働いている間は完全に才能に依存しており、その後の長い年月の間に、神は働きを行うためにその才能を使ってきた。そういうわけで、才能に恵まれたすべての人々の奉仕はサタンに由来していると言われている。しかし、神はその英知のために次のように言う、「わたしはサタンの策略を引き立て役として利用している」と。このように、神は才能に恵まれた人々の奉仕を「サタンからの贈り物」と呼んでいる。彼らがサタンに属しているので、神はこの行為を「中傷」と呼ぶ。これは人間に対する根拠のない非難ではなく、十分な根拠に基づいた、適切な説明である。このような訳で神は次のように言った。「わたしは嫌悪を示さず、むしろこれらの『贈り物』を経営の資材に加えることで、彼らの企みを活用した。後にそれらが機械によって処理されていたら、わたしはその中の滓をすべて焼き捨てるだろう」。これは神の働きの素晴らしい点であり、人々の概念とはもっとも一致しない点である。というのは、「王として君臨する人々は才能に恵まれた人々ではなく、神が愛するのは才能に恵まれていない人々である」ということを誰も考えないからだ。ご承知のように、ウィットネス・リーやウォッチマン・ニーの考えや望みはすべて灰と化してしまった――そして才能に恵まれた今日の人々も例外ではない。今、神はこの働きを始めており、神の働きの引き立て役として仕える人間の中での聖霊の働きをすべて、徐々に撤回している。神の働きが完全に終了すると、これらの人々は全員元の場所に戻るだろう。しかし、わたしがいま言ったことを聞いて、無鉄砲な行動をしないでほしい。あなた方は神の働きの段階に従って流れに身を任せ、働きの妨害をしないようにするべきである。この点がわかるだろうか。これは神の働きの段階と方法だからである。神がこれらの「贈り物」を「加工処理」して「完成品」にする時、神の意図のすべては明らかになり、神に奉仕を提供する贈り物はすべて除去されるだろう。しかし、神が享受するものは完成品である。わかるだろうか。神が望むものは完成品であり、人間が提供する高価な贈り物ではない。すべての者が正しい場所を占める時に限り、つまり、神が本来の位置に戻り、悪魔も自分の席に着き、天使も、例外なく席に着いた時――その時初めて神の顔に満足の笑みが浮かぶだろう。神の意図が満たされ、目標は達成されたからである。神はもはや「悪魔」からの「援助」を求めないだろう。神の意図が人間に公然と明らかにされたので、人間にそれらを再度伝えさせる必要がないからである。この時、人々の肉体と魂が一つになるだろう。神が人間に明らかにするのはこのことである。それは霊、精神、肉体の終着点である。それは「人間性」の元々の意味の要約である。これについて詳細に調べる必要はない。それについて一つか二つの事を知れば十分である。よろしいだろうか。

前へ: 第三十三章

次へ: 第三十六章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

第二十四章

わたしの刑罰はすべての人間に下るが、それはまた、すべての人間から遠いままである。すべての人の生活全体は、わたしへの愛と憎しみで満たされているが、誰一人、わたしを知らなかった。そこで、人間のわたしへの態度は熱くも、あるいは冷たくも吹き、普通の状態であることがない。しかし、わたしはい…

働きと入ること(10)

人類がここまで発展してきたことは、前例のない状況である。神の働きと人の入りは肩を並べて進むのだから、神の働きもまた比類なき壮観な出来事である。人による今日までの入りは、人間がかつて想像し得なかった不思議である。神の働きはその絶頂に達し、それに続いて人間の「入り」[1]もまた頂点に…

道……(3)

わたし自身の生活において、わたしは常に自分自身を身も心も全て神に捧げることをいとわない。そうすればわたしの良心の呵責はなく、多少安心できる。いのちを追い求める者は、まず自分の心を全て神に捧げなくてはならない。これが前提条件である。わたしは兄弟姉妹がわたしと共に「神よ、わたしの心が…

唯一無二の神自身 4

神の聖さ(1) 前回の集会では神の権威について追加の話をしましたが、今は神の義については話しません。きょうは、神の聖さという全く新しい題目について話します。神の聖さは、神特有の本質におけるもう一つの側面なので、この題目についてここで話す必要性が大いにあります。これから話す神の本質…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索