真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

二十七番目の言葉の解釈

今日、神の言葉は頂点に達している。つまり、裁きの時代の第二部は頂点にまで達した。しかし、最頂点ではない。今のところ、神の口調は変化し、嘲っているわけではなく、おどけているのでもなく、攻撃もせず、呪いもしない。神はその言葉の調子を和らげた。今、神は人と「感情を伝えあい」始める。神は裁きの時代の働きを続行しつつ、次の働きの段階への道を開くので、神の働きのすべての段階が密接に繋がる。一方で神は「人間の頑固さと、繰り返される悪行」について語り、他方でこう言う。「人間と引き離されてその後再会する喜びと悲しみの中」――どちらも人々の心に反応を引き起こし、最も冷淡な者をさえ感動させる。神がこれらの言葉を語る主な目的は、すべての人々が最後には、ささやくこともなく神の前に倒れることであり、そうした時にだけ「わたしの業が明らかになる。そこで、人々は自身の過ちの中で、わたしを知るようになる。」この時期の人々の神に対する認識はまったく表面的で、真の認識ではない。彼らはできる限り努力しているが、神の心にある望みを達成することができない。今日、神の言葉は頂点に達しているが、人々は以前の段階にとどまっており、そのため、現在の神の言葉を把握することができない――これは、神と人間は、全く異なっていることを示している。こう考えると、神の言葉が終わるとき、人々は神の最低の基準に達することしかできないと言えよう。神は、赤い大きな竜によって完全に堕落させられた人々に対してこのような方法を用いて働き、最適な効果を達成するためにこのように働かなければならないのだ。教会に所属する人々は神の言葉にもう少し多くの注意を払うが、神の意図は彼らが神の言葉を通して神を知ることである――この二つは異なるのではないか。しかし、現状では、神はもはや人間の弱点は気にせず、人々が神の言葉を受け入れることができるかできないかに関わらず語り続ける。神の意図として、神の言葉が終わる時は、地上における神の働きが完了する時である。しかし、この働きは過去の働きとは異なる。神の言葉がいつ終わるか、誰にもわからない。神の働きがいつ終わるかも、誰にもわからない。そして神の姿がいつ変わるかも、誰にもわからない。神の英知とはそうしたものである。サタンからのいかなる非難も、敵対勢力からのいかなる妨害も避けるために、神は誰にも知られずに働きをする。その時、地上の人々は何の反応もしない。神の変容の徴候については以前語られたが、誰もそれに気づくことがない。人はこのことを忘れてしまって、注意を払わないからである。内と外、両方からの攻撃ゆえに――つまり、外界の災害と、神の言葉により焼かれ、清められることによって――人々はもはや神のために進んで骨を折って働こうとしない。自らの用事で忙しすぎるからである。すべての人が過去の認識と追求を否定する時、すべての人々が己をはっきりと見る時、彼らは失敗し、もはやその心の中に自己の占める場所はないだろう。そうなってようやく人々は心から神の言葉を望み、ようやく神の言葉が彼らの心の中に本当に場所を占め、ようやくこれらの言葉が彼らの存在の源になるだろう――そしてこのとき、神の旨は満たされる。しかし、今日の人々はそこからはるかに外れている。中にはほとんど動きのとれない者もいて、神はこれを「繰り返される悪行」と言う。

神の言葉のすべてには多くの質問が含まれている。なぜ神はこのような質問を尋ね続けるのだろう。「なぜ悔い改め、新たに生まれることができないのだ。なぜ、泥のない場所ではなく、湿地にいつまでも暮らしていようとするのか。…」かつて、神は直接物事を指摘したり、直接暴露したりすることによって働きを行った。しかし、人々がひどい痛みに苦しんだ後、神はこのように直接に話すことはしなかった。人々は一方でこれらの質問の中に己の欠点を見、他方では実践する道を把握する。人々は皆、他人の労働の成果を享受することを好むので、神は彼らの要求に適合するように話し、人々に熟考させるために、熟考できるような話題を提供する。これは神の質問の持つ意義の一つの側面である。もちろん、神が発する質問のいくつかの意義はこれではない。例えば、「わたしが人間を虐待したというのか。わたしが人間に道を誤らせたというのか。わたしが人間を地獄へと導いたというのか。」このような質問は人々の心の奥深くにある観念を指摘している。人々は口に出しては言わないが、ほとんどの人の心には疑いがあり、彼らは、神の言葉は人々を役立たずだと表現していると信じている。もちろん、このような人々は己を知らないが、結局は神の言葉によって敗北を認めるだろう――これは避けられないことなのだ。これらの質問に続いて、神はこうも言う。「家庭はいうに及ばず、わたしはすべての国々を打ち破る。」人々が神の名前を受け入れる時、すべての国々はその結果として震え、人々は次第にその考え方を変え、家族内では父と息子、母と娘、あるいは夫と妻の関係が存在しなくなるだろう。さらに、家族内の互いの関係はこれまで以上に疎遠になるだろう。彼らは大家族の中に合流し、ほとんどすべての家族の生活の秩序が崩れるだろう。このため、人々の心の中で家族という概念は次第にぼんやりとしてくる。

今日の神の言葉が、人々と「感情をやり取りする」ことにそれほど費やされるのはなぜだろう。もちろん、これは具体的な効果を達成するためでもある。つまり、いかに神の心が不安で満たされているかを示すのだ。神は次のように言う。「わたしが悲しんでいるときに、誰がわたしを心から慰めてくれるのか。」神がこう言うのは、その心が悲しみで打ちのめされているからである。人々は神の旨にあらゆる注意を払うことができないから、そして、いつも放縦で、自分を抑制することができないから――つまり、人々が自分の好きなように行動するから、そして彼らはあまりにも卑しく、いつも自分を許し、神の旨を気にしないからである。それでも今日までずっとサタンによって堕落させられており、自分を解き放つことができない。だから、神はこう言う。「どうして飢えた狼の口を免れよう。どうして狼の脅威と誘惑とから逃げられよう。」人々は肉の姿で生きている――飢えた狼の口の中で生きている。更には人々には自己認識がなく、いつも気ままにし、道楽に屈しているため、神は不安を抱かざるを得ない。神がこのように人々に気づかせれば気づかせるほど、彼らは快くなり、ますます進んで神に関与するようになる。そうなってようやく人と神はばらばらにならず、距離を置かずにやっていくだろう。今日、全人類は神の日の到来を待ち望み、そのため決して前進していない。しかし神はこう言う。「義の太陽が現れると、東の空が明るくなり、それから全宇宙が照らされ、すべての人に届く。」言い換えれば、神がその姿を変える時、まず東方が照らされ、東方の国が最初に置き換えられ、その後残りの国々が南から北まで新しくされるだろう。これが順序であり、すべては神の言葉に従い、いったんこの局面が終わると、すべての人々にわかるだろう。神はこの順序に従って働きを行う。この日を迎えると、人々は大喜びするだろう。この日がそう遠くないことは神の差し迫った意図から見て取ることができる。

今日の神の言葉では、第二、第三の部分は、神を愛するすべての人々に苦悶の涙を流させる。彼らの心はすぐに暗闇に包まれ、この時からずっと、すべての人々は神の心を思いやって途方もない悲しみに満たされる――神が地上での働きを終わらせてようやく、彼らは気持ちが安らぐ。これが一般的な傾向である。「湧き上がる悲しみの感情をともなって、怒りがわたしの心の中に生じる。わたしが彼らの行いを見て、彼らのすべての言葉や行動の不潔さを見る時、怒りがこみ上げ、心の中には人の世が不正だと思う気持ちがいっそう大きくなり、ますます悲嘆に暮れる。わたしは人間の肉を直ちに終わらせることを切望する。わたしはなぜ人間が肉の自分を清めることができないのかわからない。肉の自分を愛することができないのかわからない。肉の『作用』はそんなにも偉大だということなのだろうか。」今日の神の言葉で、神は心の中の不安をすべて何も隠さず、人々の前に明らかにしている。第三の天の天使たちが神のために音楽を奏で、打楽器を演奏するとき、神はまだ地上の人々に愛着を覚えており、このため神は言う。「天使がわたしをたたえて音楽を奏で、打楽器を演奏するとき、人間への哀れみの情が抑えようもなく心にわいてくる。突然ひどく悲しい気持ちになり、自分でもこの苦しい感情を追い払うのが難しい。」こういうわけで、神は次のように言う。「わたしは人間世界の不正を改めたいと思う。わたしは、世界中で自らわたしの働きをする。サタンが再びわたしの民を傷つけることを禁じ、敵が再び好き勝手にするのを禁じる。わたしは地の王となり、玉座をそこに移す。すべての敵を地に倒し、わたしの前で罪を告白させる。」悲しみのために神の悪魔たちに対する憎しみは増し、こうして、神は悪魔の終りをあらかじめ大衆に知らせる。これが神の働きである。神は、すべての人々と再び結束し、古い時代を終わらせることをいつも望んできた。全世界のすべての人々は動き始めている――つまり、この天の下にあるすべての人々は神の指導に入りつつある。その結果、彼らは自分たちの皇帝に反抗する考えを持ち始めている。まもなく、世界の人々は大混乱に陥るだろう。そしてすべての国々の首長たちは四方八方に逃げだし、遂には、人民によってギロチン台に載せられるだろう。これが悪魔の王たちの結末なのである。結局、誰も逃れることはできず、すべての人々はこのようなことを経験しなければならない。今日、「賢い」人々は退き始めている。事態が順調でないことがわかると、彼らはこの機会を利用して後退し、悲劇を逃れる。しかし、わたしははっきり言うが、最後の日に神が行う働きは主に人間に与える刑罰なのだから、どうしてこれらの人々は逃れることができようか。今日は第一段階である。いつか、全世界のすべてが戦争の混乱に陥るだろう。地上の人々は決して再び指導者を持つことはないだろうし、全世界は崩れやすい砂山のようになり、誰にも支配されず、人々は自分の生き方しか気にせず、ほかの誰のことも構わなくなるだろう。すべては神の手で支配されるからである――こういうわけで、神は言うのだ。「すべての人は、わたしの心のまま、国々に分かれている。」神が今話している「天使のトランペット」は合図であり、人間のための警鐘である。トランペットがもう一度鳴ると、世界の終りの日がやって来る。その時、神のすべての刑罰が地上全体に降りかかる。これは冷酷な審判であり、刑罰の時代の正式な始まりとなる。イスラエル人の間にはしばしば神の声が響き、彼らをさまざまな環境の中を導くだろう。そして、天使たちも彼らの前に現れるだろう。イスラエルの人々は僅か数か月で完全な者にされるだろう。彼らは赤い大きな竜の毒液を取り除く段階を経験する必要はないだろうから、さまざまな種類の指導のもとに容易に正しい道に入るだろう。イスラエルの人々のこうした進展を見れば、全宇宙の状況を知ることができ、このことから、神の働きの段階がどんなにすばやいかが分かる。「時は来た。わたしはわたしの働きを進め、人間の中で最高支配者となろう。」かつて、神は天でのみ統治していた。今日、神は地上で統治する。神はその権威のすべてを取り戻し、したがって、すべての人類は二度と再び普通の人間生活をもたないと予言されている。神が天と地の秩序を改め、誰も妨害することを許されないからである。こうして、神はしばしば「時は来た」ことを人間に思い出させる。イスラエルの人々が全員自国に戻ったとき――つまり、イスラエルの国が完全に回復された日に――神の偉大な働きは完成する。誰も気づかないうちに、世界中の人々は反乱を起こし、世界中の国々は天の星のように落ちて、一瞬のうちに瓦礫の山になるだろう。それらを処理した後、神は心から愛する神の国を建設するだろう。

前へ:二十六番目の言葉の解釈

次へ:二十八番目の言葉の解釈

他のお気に入り