聖書は全て神の霊感によって書かれたのか

今日、人々は聖書が神であり、神は聖書だと信じている。また、聖書の言葉のすべてだけが神の語った言葉であって、それはみな、神が語ったと信じている。神を信じている人々は、旧約と新約の六十六書はすべて人間が書いたものだけれど、これらはみな神から霊感を受けており、聖霊の告げたことを記録しているのだとさえ考えている。これは人々の解釈が誤っているのであって、事実に完全に沿ったものではない。実際、預言の書以外、旧約のほとんどは歴史的記録である。新約の書簡のいくつかは人々の経験に基づいたもので、またいくつかは聖霊の啓きによるものである。


たとえば、パウロの書簡はひとりの人間の働きから生まれたもので、それはみな、聖霊の啓きを受けた結果であった。また、その書簡は教会のために書かれたもので、教会の兄弟姉妹への勧告と激励の言葉だった。聖霊の語った言葉ではなかったのである。パウロは聖霊の代わりに語ることはできなかった。また、彼は預言者でもなかったし、ましてヨハネが見たような幻を見てもいない。パウロの書簡はエペソ、フィラデルフィア、ガラテヤ、その他の教会に向けて書かれた。彼が人々に向けて言った信仰を養い、確信に満ちた言葉はみな正しかったが、それは聖霊の言葉を代弁していたのではないし、パウロにも神の代理はできなかった。一人の人間の経験の記録や手紙を聖霊が諸教会に向けて語ったものとして扱うのは、ばかげた解釈であり、ひどい冒瀆である。


『言葉は肉において現れる』の「聖書について(3)」より編集

前へ: 三位一体は存在するのか

次へ: 聖書を用いて神を断罪する者はみなパリサイ人である

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

聖霊の働きは日々変化し より大きな啓示とともに段階ごとに高くなる こうして神は働き 人類を完全にするが ついて来れない人はとり残されるだろう 進んで従う心なしに 人々は最後までついて行くことはできない 生まれつき不従順で意志に逆らう者は 神の働きが速まるにつれ とり残され…

神はサタンを打ち負かし人を救うために肉となった

神が肉体として地上にいる間 人々の間で神の業を行なう 全ての業にはたった一つの目的がある それは悪魔サタンを打ち倒すこと 神は人を征服することでサタンを倒す また人々を完全な存在にすることで 世界に鳴り響くような証しとするならば これもサタンの敗北のしるし 神はサタンを打ち倒し…

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、…

神の言葉を実践しない人は取り除かれるだろう

神の働きと言葉は あなた方の性質に変化をもたらすためにある 神の目的は働きと言葉を理解させ 知らしめるだけでは十分でなく それが全てではない 神の言葉はほとんどが人の言語で書かれているため あなたが受け入れるなら容易に理解できる 凡人であっても 神があなたに知って欲しいこと …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索