肉の中で生きることは神の意志か


人々は皆、神を軽々しく考えている。もっとたくさんの栄養剤を取ることは知っていても、神のために不安を感じることはない。これが神に仕えるということなのであろうか。これが神を愛することなのであろうか。どうりで一日中のんきにぶらぶらと何もせず過ごしているわけである。そのようであっても、一部の人はまだ満足しきれず、自ら悲しみを作り出す。これが自分自身について感傷的になるということなのである。あなたを悲しませているのは神なのであろうか。これこそ自分自身に苦しみをもたらす例なのではないか。神の恵みのいずれもあなたの幸福の源となり得ないのだろうか。これまでずっと、あなたは神の心に注意しなかった。悲観的で、弱々しく、悲しんでばかりいた。それはなぜか。


あなたを肉体のうちに生かせることは神の心なのか。あなたは神の心を理解していない。心の中に不安を抱え、不平不満を漏らし、一日中うなだれて過ごし、肉体の苦痛と苦悶に悩まされる。あなたは、他の人は刑罰のさなかに神を褒め称え、刑罰を乗り越えて、それに縛られないことを求めるのに、あなたは刑罰に陥り、それから逃れられない。董存瑞(とうそんずい)の「自己犠牲の精神」を見習うには何年もかかる。あなたが教えと教義を説くとき、恥を感じないだろうか。自分自身を知っているのだろうか。自分を脇に置いたのだろうか。心から神を愛しているだろうか。自分の将来の展望や運命を脇に置いたのだろうか。

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第四十章」より編集

前へ: 神のあなたがたへの期待を感じたことがあるか

次へ: 四つの格言

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

終わりの日のキリストが東方に現れる

大いなる光が暗い地に現れる。 東方の稲妻が今、光を放った。 これは人の子の降臨である。 この事実についてどうして声を上げて歌わずにいられようか。 あなたは受肉された実際の神。 全能神よ、私たちはあなたをいつも讃美する。 あなたのことを声高らかに歌う。 全能神よ、私たちはあなたをい…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者 信仰の確信のない者 魔術師や妖術師 好色で落ちぶれた者 神から盗み、捧げものを奪う者 賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者 高慢で名利を追い求める者 不遜な言葉を広め 冒涜的で神をそしる者 神を裁く者 徒党を組み集う者 神の上に立うとする者 浮…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索