神は御座に就かれる

終わりの日に言葉を発する肉なる神を讃美せよ。

神の国の時代とともに戻られた、と歌おう。

神の選民は御前に引き上げられ、

私たちはみな神を礼拝してひれ伏す。

神は今や栄光なる御座に就かれる。

神はいかに栄光に満ち美しいことか。

昔いまし今もおられる全能者が、地上の王として治める。

暗いこの世を照らす神の言葉は真の光。

全ての民が御前に従い、神の到来を迎える。

神を讃美する歌は天にまで届き、神は御座に就かれる。


神の言葉は私たちにいのちの水を与える。

私たちは御言葉を食べ、飲み、神と対面して

ついには祝宴の席につく。

神は堕落した世界から私たちを聖別する。

そして私たちはこの世の束縛から抜け出し、

神の国の訓練に入る。

昔いまし今もおられる全能者が、地上の王として治める。

暗いこの世を照らす神の言葉は真の光。

全ての民が御前に従い、神の到来を迎える。

神を讃美する歌は天にまで届き、神は御座に就かれる。


神の家から裁きが始まり、

神の聖さと義が明らかになった。

神の言葉による裁きと刑罰が

私たちを清め新しい人へと変える。

全能神は私たちの涙を拭い去り、

こうして私たちは神の国の生活を永遠に楽しむ

昔いまし今もおられる全能者が、地上の王として治める。

暗いこの世を照らす神の言葉は真の光。

全ての民が御前に従い、神の到来を迎える。

神を讃美する歌は天にまで届き、神は御座に就かれる。


神はその働きにおいて知恵があり全能だ、

赤い大きな竜を用いて奉仕させる。

神の言葉は私たちに神の全能を示し、

私たちを征服し、勝利者の一群となす。

神は苦難の中で証しをするよう私たちを導く。

神はサタンを打ち負かし、完全なる栄光を得た。

昔いまし今もおられる全能者が、地上の王として治める。

暗いこの世を照らす神の言葉は真の光。

全ての民が御前に従い、神の到来を迎える。

神を讃美する歌は天にまで届き、神は御座に就かれる。

前へ: 全能神、栄光の王

次へ: 裁きのトランペットが鳴った

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

裁きを避けることの結果

裁きと真理が何であるか あなたは解かりますか? もし解かっているのなら 神は裁きに従うよう勧める そうしなければ神から称賛され 神の国に入る機会を失うだろう 忠誠を誓いながら裏切る者を 神は容赦しない 霊と魂・肉体において罰するだろう これは神の義の現れ 人を裁き露わにする…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

ペテロの神への愛の表現

生活で神の要望を満たせないものがあれば それはペテロを不安にした もしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ 努力し神の心を満たそうとした 生活のどんなに小さなことでも ペテロは神の要望を満たそうと自らに求め 自分の古い性質を容赦することなく 更に深く真理に入ることを求めた 更に深…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索