神を愛する者は真に幸いである

神を愛する我らは幸いである。偉大な神を尊敬し、ひれ伏して礼拝する

神の言葉を読んで真理を知り、御前で生きるのは喜びだ

肉を捨て世俗から脱け出せば、我らの霊は解放され、ほんとうに自由になる

御心を思いやり、本分をよく尽くせば、心が安らぎ楽しくなる

神を愛する我らは幸いである。裁きを受け入れ、清められる

神を愛する我らは幸いである。真理を実践し神に従う

神を愛する我らは幸いである。天職として神のみ旨を実行する 

神を愛する我らは幸いである。神を畏れ光の中で生き、神を愛することは真に幸いだ

神を愛する我らは幸いである。神を愛する我らは幸いである。

神を愛する我らは幸いである。真理を追求し神を知る

試練や苦難の中でも、神が共にいれば、支えとなり心は安らぐ

裁きと刑罰をとおして清められ、神への愛はより純粋になる

神と心を同じくし、永遠に神をあがめ証しする

神を愛する我らは幸いである。最後まで忠実に神に従う

神を愛する我らは幸いである。神のためだけに生涯を費す

神を愛する我らは幸いである。神と心かよわせる人になれる

神を愛する我らは幸いである。神の約束と祝福を受け継ぐ。神を愛する我らは幸いだ。

伴唱:神を愛する我らは幸いである。神を愛する我らは幸いである。

前へ: 神を愛し、光の中で生きよ

次へ: 神を愛する者は祝福される

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索