全能神、栄光の王

受肉された全能神は栄光の王

御座に就き万国万民を裁く。

威厳と怒りをおびて東方に現れ、

大きな白い御座の裁きが始まる。

全能神は勝利を得、

鉄の杖で全ての国に王権をふるう。

全能神は栄光の王、

栄光の王は全能神。


受肉された全能神は栄光の王

人類の唯一無二の救世主。

人類を清め救うために真理を表し、

彼の他に救いはない。

全能神は子羊、

7つの封印を解き、巻物を開く。

栄光の王は全能神、

全能神は栄光の王。


受肉された全能神は栄光の王

神の国の時代をもたらし恵みの時代を終わらせる。

神の話す言葉は稲妻のよう、

東方から閃き西方まで照らす。

全能神こそ真の光、

全ての国が神の光の中を進む。

栄光の王は全能神、

全能神は栄光の王。


受肉された全能神は栄光の王

神はサタンを打ち負かし、永遠に王となられる。

私たちは被造物としての位置に就き、

崇拝する。昔いまし、今もおられ、とこしえに存在される全能者を。

全能神こそが唯一真の神、

全ての讃美、栄誉、栄光、力を全能神に帰せよ。

栄光の王は全能神、

全能神は栄光の王。

前へ: すべての国々があなたの光のもとへ来る

次へ: 神は御座に就かれる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  神…

神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから でも神の心の中の 人への思いやり、心配、憐れみは変わらない 人間を滅ぼした時さえ 極みまで人が汚れ 不従順になっても神は その性質と本質のゆえに 原則に従い 人間を滅ぼさざるを得なかった 神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに 人…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

最も有意義な人生

被造物として神を礼拝し あなたは最も有意義な人生を追い求めねばならない あなた方は正しい道を追い求め 進歩を求め 赤い大きな竜の国で立ち上がる 神が義と呼ぶ人々 それこそが最も有意義な人生ではないか 人として神のために費やし あなたはあらゆる苦難の人生を耐えなければならな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索