神の国の讃歌(Ⅰ)神の国がこの世に降臨する

人々は歓声を上げ、神を讃える

全ての口は唯一真の神を呼ぶ

神の国がこの世に降臨する


人々は歓声を上げ、神を讃える

全ての口は唯一真の神を呼ぶ

人々は目を上げ神の業を見る

神の国がこの世に降臨する

神の本体は豊かで満ちている

祝わない者は誰か?

踊らない者は誰か?

ああ、シオンよ、シオンよ!

勝利の旗を揚げて神のために祝え!

勝利の歌を歌い、神の聖なる名を広めよ!


地の者達よ!自らを清め神に捧げよ!

天空の星よ!

元の場所で神の偉大さを掲げよ!

神は聴く

神への無限の愛と敬意を表す人々の歌を

全てが甦るこの日に神は地を歩く

花は咲き

鳥は歌い

全てのものは歓喜する!

神の国で礼砲と賛歌が響きサタンの国は滅ぼされる

全てが甦るこの日に神は地を歩く

花は咲き

鳥は歌い

全てのものは歓喜する!

神の国で礼砲と賛歌が響き

サタンの国は滅ぼされる

それは崩壊し再び立ち上がることはない


地の人々で

あえて立ち上がり 神に逆らうのは誰か

神は地に降り立ち

炎と怒りと全ての災害をもたらす

この世の王国はみな神の国となる!

空高く雲はうねり膨らむ

空の下では

湖や川が波打ち揺れて

感動の旋律を、ああ、紡いでいる

休んでいた動物たちは巣から出て

まどろむ人々を神は目覚めさせる

みなが待ち望んでいた日が来た!

彼らは最も美しい歌を神に捧げる!

神に!

神に!

神に!

神に!

彼らは最も美しい歌を神に捧げる!

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「神の国の讃歌」より編集

次へ: 神の国の讃歌(Ⅱ)神が来た、神が治める

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

失われた時は二度と戻ってこない

目覚めよ!兄弟姉妹たち! 神の日は遅れることがない 時は命、時をとらえることは命を救い その時は近い 試験なら、落ちたとしても 学び直し、再挑戦できるが 神の日は決して遅れないことを あなたは知らなければならない 覚えておくように 神のこれらの良い言葉は あなたを促すため…

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索