全能神は栄光の御座に座っている


勝利を収めた王は栄光の玉座に着く。王は贖いを完成させ、その全ての民を栄光の中に現れるように導く。王はその手に万物を握り、その神聖な知恵と力によりシオンを堅く建て上げた。その威厳をもって、邪悪な世界を裁き、全ての国々と諸国民を裁き、地と海とそこに住むあらゆる生き物を裁き、淫乱の葡萄酒に酔った者たちをも裁く。


神は必ず彼らを裁き、怒り、その中に神の威厳が現われる。

裁きは瞬時に遅れることなく下される。神の怒りの炎は彼らの凶悪な犯罪を焼き尽くし、災いは彼らに必ず降り注ぐであろう。そのとき彼らは、逃げる場所も隠れる場所もないことを知り、歯ぎしりして泣き、自らに破滅をもたらす。神に愛される勝ち誇った子ども達は確かにシオンに留まり、そこを離れることはない。群衆は神の声にじっと耳を傾け、神の行いを注意深く見守り、神への讃美の声は絶えることがない。


唯一の真の神が現れたのだ!私たちは霊において神について確信し、一心に従い、ためらうことなく全力で進む。世界の終わりが私たちの目前で明らかになりつつある。世俗の世界と富への愛を捨てよ。夫や息子、娘達への愛情から自分を解放せよ。独自の見解や偏見を捨てよ。目覚めよ。時間がないのだから。霊を天に向け、神を見上げて神に支配をゆだねよ。ロトの妻のようになってはいけない。見捨てられることは哀れなこと、それは余りに哀れだ!目覚めよ!

『言葉は肉において現れる』の「キリストの初めの言葉·第三章」より編集

前へ: 全能神は王として統べ治める

次へ: 神を讃美しつつシオンに来たれ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

終わりの日に神は言葉を通して全てを成し遂げる

このようにして、終わりの日に、神が肉になるとき、神はすべてを成し遂げるために、すべてを明らかにするために、主として言葉を用いる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神とは何かを知ることができる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神が神自身であることを知ることができる。肉とな…

神は天地万物を人のために創造した

すべてのものは互いに繋がって依存し これを通して人の環境は守られている この原則のもとでその環境は守られ存続し この生存環境により人は増え そして栄えることができる 神はこの原則を使って 万物の命を維持し 奇しい業で全ての存在を保つ 神はこうして万物に与え 同じように人類にも与え…

神と親しい者だけが神に仕えるに値する

神に仕える者は 神と親しく 神に仕える者は 神から愛され 神に忠実でなければならない あなたが人の前であるいは陰で 行動したとしても 神の喜びを得て 神の前に立つことができるだろう 他人があなたをどのように扱おうと あなたは自分の道を歩み 神の重荷を思いやるだろう これこそが神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索