神に最も貴い犠牲を捧げる


幾年もの苦難の末 懲らしめられ洗練され

人はようやく雨風に 曝され鍛えられた

「栄光」も「ロマン」も失ったが

人間であることの真理と 神からの愛情を人は理解する

だから人は 最も貴い犠牲を捧げる

人に微笑みかける神に

だから人は 最も貴い犠牲を捧げる

人に微笑みかける神に


人は自分の邪悪さと 残酷さ、思い違い

神へ要求したことを 心から厭う

時を戻すことはできない

過ぎたことは後悔の記憶として残るが

神の言葉と愛は人に新たな生活の息吹を与える

だから人は 最も貴い犠牲を捧げる

人に微笑みかける神に

だから人は 最も貴い犠牲を捧げる

人に微笑みかける神に


日ごとに人の傷は癒え 力を取り戻す

人は立ち上がり 全能者の顔を見つめ

ふと気がつく 神がいつも そこにいることを

神の微笑と顔は 今なおこんなに美しく

だから人は 最も貴い犠牲を捧げる

人に微笑みかける神に

だから人は 最も貴い犠牲を捧げる

人に微笑みかける神に


神は人の心配を 心に留める

神の手は温かく強い いつもそうであったように

まるでエデンの園に 戻ったみたいだ

人は蛇に抵抗し、ヤーウェに立ち返る

だから人は 最も貴い犠牲を捧げる

人に微笑みかける神に

だから人は 最も貴い犠牲を捧げる

人に微笑みかける神に

ああ!わが主よ!わが神よ!

『言葉は肉において現れる』の「本物の人とは何を意味するのか」より編集

前へ: 神が人に授ける最高の祝福

次へ: 最初の人類は霊をもつ生き物であった

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

受肉の神だけが人を完全に救うことができる

神は人間を救うために来るが それは霊を通してではなく また霊としてでもない 霊は目に見えず、触ることもできない もし神が創造物なる人ではなく 霊として人を救ったら 誰も神の救いを得られない そう誰も救われない 神は創造された人となり その肉に神のことばを宿す 神のことばが神に従…

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解している…

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索