神の名の意義

あらゆる時代に神の業の段階で

神の名は重要で意味を持って響いた

どの名も各時代を映している

ヤーウェ、イエス、メシアという名は

神の霊を代表している

これらが表すのは救いの業の時代であり

神の全てではない

地上で人が呼ぶ神の名は

神の性質や神の全ては表せない

これらはただ、違う時代の神の名だ

最後の時代、つまり終わりの日に

神の名はもう一度変わるのだ

神は、ヤーウェともイエスとも

ましてメシアとも呼ばれず

力ある全能の神と呼ばれ

この名で時代を終わらせる


神はかつてヤーウェとして知られ

メシアとも呼ばれていた

また愛と敬意をもって

人々に救い主イエスとも呼ばれた

今日の神はかつて

人々が知っていたヤーウェでもイエスでもない

終わりの日に再臨し、時代を終わらせる

神の全ての性質と権威と栄誉と栄光に満ちた神だ

彼こそ神自身である

地の終わりに際して立ち上がる神自身である

彼こそ地の終わりに立つ神


全ての国は神の言葉により祝福されるか破壊される

終わりの日に人は救い主なる神の再来を見るだろう

彼は力ある全能神、全人類を征服し

かつて彼が罪のいけにえだったことを知らせる

しかし彼は終わりの日に

全てを焼き尽くす太陽の炎となる

彼は義の太陽となり 全てのことを明らかにする

これが終わりの日の神の業

これこそまさに神がなす業

『言葉は肉において現れる』の「救い主はすでに「白い雲」に乗って戻って来た」より編集

前へ: 被造物が神の名前を決められるのか

次へ: 神の知恵はサタンの策略の上に表される

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

神のあなたがたへの期待を感じたことがあるか

誰がこの終わりなき世で神に吟味されるのか? 誰が神の霊の言葉を聞いたのか? 誰がヨブに答えられるのか? 皆の中にペテロはいるか? 神はなぜ幾度もヨブとペテロのことにふれたのだろう? 皆、神からの期待に気づいたか? もっと熟考することに時間を割くべきだ 大勢が闇の中を探り、逆境の…

神はサタンを打ち負かし人を救うために肉となった

神が肉体として地上にいる間 人々の間で神の業を行なう 全ての業にはたった一つの目的がある それは悪魔サタンを打ち倒すこと 神は人を征服することでサタンを倒す また人々を完全な存在にすることで 世界に鳴り響くような証しとするならば これもサタンの敗北のしるし 神はサタンを打ち倒し…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索