全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

神の名の意義

それぞれの時代、神の業の段階ごとに、神の名は重きをなしてきた。かつて神の名が無意味に鳴り響いたことはない。神のそれぞれの名は一つの時代を反映している。

1

ヤーウェ、イエス、メシア、これら全てが神の霊を代表する。しかし、これらの名はただ神の救いの営みにおける時代を象徴するものであり、神を完全に表しているのではない。地上にいる人々が呼ぶ神の名は、神の全ての性質を表現することはできない。神の存在そのものを表すことはできない。これらはただ違う時代における神の名である。だから、最後の時代、つまり終わりの日が到来する時、神の名はもう一度変わるのだ。神はヤーウェとか、イエスとは呼ばれない。ましてメシアと呼ばれることはないだろう。神は力ある全能の神と呼ばれるだろう。そして、この名で神は時代を終わらせるのだ。

2

神はかつてヤーウェとして知られていた。またメシアとも呼ばれていた。そして、人々は愛や尊敬の念を込めて、彼を救い主イエスとも呼んだ。今日(こんにち)の神は、昔人々が知っていたヤーウェでもイエスでもない。彼こそが終わりの日に再臨した神である、この時代を終わらせる神である。神の全ての性質に満ち、権威、栄誉、栄光に溢れる彼は神である。神自身である。彼こそが地の終わりに立ち上がる神ご自身である。彼こそが地の終わりに立ち上がる神なのだ。

3

ついに、この世界の全ての国々は神の言葉により祝福され、また押しつぶされる。そうして、終わりの日の人々は救い主である神の再来を見るだろう。彼こそが、全人類を征服する、力ある全能の神である。かつて彼が人の罪のための捧げものであったことを人々に分からせるだろう。しかし終わりの日には、彼はあらゆるものを焼き尽くす太陽の炎となる。そして、彼は全てを明らかにする義の太陽となる。これが終わりの日の神の業である。これこそが神の業である。

前へ:神の栄光は全ての被創造物の上にとどまる

次へ:神の義の性質は特有である

他のお気に入り