神の名の意義

あらゆる時代に神の業の段階で

神の名は重要で意味を持って響いた

どの名も各時代を映している

ヤーウェ、イエス、メシアという名は

神の霊を代表している

これらが表すのは救いの業の時代であり

神の全てではない

地上で人が呼ぶ神の名は

神の性質や神の全ては表せない

これらはただ、違う時代の神の名だ

最後の時代、つまり終わりの日に

神の名はもう一度変わるのだ

神は、ヤーウェともイエスとも

ましてメシアとも呼ばれず

力ある全能の神と呼ばれ

この名で時代を終わらせる


神はかつてヤーウェとして知られ

メシアとも呼ばれていた

また愛と敬意をもって

人々に救い主イエスとも呼ばれた

今日の神はかつて

人々が知っていたヤーウェでもイエスでもない

終わりの日に再臨し、時代を終わらせる

神の全ての性質と権威と栄誉と栄光に満ちた神だ

彼こそ神自身である

地の終わりに際して立ち上がる神自身である

彼こそ地の終わりに立つ神


全ての国は神の言葉により祝福されるか破壊される

終わりの日に人は救い主なる神の再来を見るだろう

彼は力ある全能神、全人類を征服し

かつて彼が罪のいけにえだったことを知らせる

しかし彼は終わりの日に

全てを焼き尽くす太陽の炎となる

彼は義の太陽となり 全てのことを明らかにする

これが終わりの日の神の業

これこそまさに神がなす業

『言葉は肉において現れる』の「救い主はすでに「白い雲」に乗って戻って来た」より編集

前へ: 神の代わりにその働きをできる者はいない

次へ: 終わりの日に神は言葉によって人を裁き完全にする

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を見…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

聖霊の働きは日々変化し より大きな啓示とともに段階ごとに高くなる こうして神は働き 人類を完全にするが ついて来れない人はとり残されるだろう 進んで従う心なしに 人々は最後までついて行くことはできない 生まれつき不従順で意志に逆らう者は 神の働きが速まるにつれ とり残される…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索