万物は神の支配に従う

全ての変化は 神の三段階の業に含まれる

人は自ら発展しない 時代・自然・世界も同様に

万物は変化する 神が業を展開するに連れ

全ての被造物とあらゆる信仰の人々が

唯一の神の支配に従う

神のみがこの業を為せて

そんな力を持つ宗教指導者はいない

全人類が神の下で教え導かれる

宗教の長は神と競えないただの人

万事が創造主の掌中にあり 最後に神の掌中に帰る

宗教が何であれ人は皆神に従う

神は万物の上に立っているから

創造物の中の最高権威者さえ神の支配に戻る

誰も人類を正しい行き先に導けない

誰も万物を分類できない

この世を造らなかった者は

この世を終わらせることはできない

この世を造った神のみが

時代を終わらせることができる

この権力がない者は 神でも人類の主でもない

誰もこの偉大な業に及ばない

神だけがその業を完成できる できない者は神の敵

邪教は神と相容れず確かに神の敵

神は全ての業を全世界で行う

霊であれ肉であれ全てが神の業

彼は人類の神であり自由に業を行う

それが最も偉大なビジョン

万事が創造主の掌中にあり

最後に神の掌中に帰る

宗教が何であれ人は皆神に従う

神は万物の上に立っているから

創造物の中の最高権威者さえ神の支配に戻る

誰も人類を正しい行き先に導けない

誰も万物を分類できない

人類の造り主・ヤーウェだけがそれを為せる

『言葉は肉において現れる』の「神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である」より編集

前へ: 創造物は神の権威に従うべきである

次へ: 全ての創造物は神の支配の下に来なければならない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

神の言葉による裁きは人を救うため

神が語った刑罰や裁きについての多くの言葉は あなたに下ることはなかった そう、確かに下ることはなかった 神は業を為し、語るために来た 神の言葉が厳しいのは あなたの堕落と反抗を裁くためなのだ 神の目的は人を害することではなく サタンの支配から救うことである 神の言葉が厳しいのは成…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索