人はどのようにして神の道をたどるべきか

神の道をたどることは

規則を守ることではない

全てを神が定めたとすること

あなたに課せられた責任

委ねられたこと

神から与えられた試練として

神の道をたどること

決して神を怒らせないよう考慮すること

決して神の性質を侵害しないこと

何かに直面する時

一つの基準を備えていなければならない

それが神の手から来ることを知って

神の道をたどること

決して神を怒らせないよう考慮すること

決して神の性質を侵害しないこと


この事をどう取り扱うべきか

どうあなたの使命を果たし

神に忠実でいられるか考えなければならない

神の道をたどること

決して神を怒らせないよう考慮すること

決して神の性質を侵害しないこと

神の道をたどること

決して神を怒らせないよう考慮すること

決して神の性質を侵害しないこと


『言葉は肉において現れる』の「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」より編集

前へ: 神を愛する者は幸いである

次へ: 神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の現れが持つ意義

神の現れとは業のため神降ること 神の方法で身分も性質も保ちながら 時代を始めまた幕引くため 神は降る 神の現れはしるしや絵画ではなく 奇跡でも大いなる幻でもない ましてや宗教的な儀式でもない それは実際に見て触れることのできる事実である 神の現れは 業の手順踏むためや早く終わ…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

最も有意義な人生

被造物として神を礼拝し あなたは最も有意義な人生を追い求めねばならない あなた方は正しい道を追い求め 進歩を求め 赤い大きな竜の国で立ち上がる 神が義と呼ぶ人々 それこそが最も有意義な人生ではないか 人として神のために費やし あなたはあらゆる苦難の人生を耐えなければならな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索