人はどのようにして神の道をたどるべきか

神の道をたどることは

規則を守ることではない

全てを神が定めたとすること

あなたに課せられた責任

委ねられたこと

神から与えられた試練として

神の道をたどること

決して神を怒らせないよう考慮すること

決して神の性質を侵害しないこと

何かに直面する時

一つの基準を備えていなければならない

それが神の手から来ることを知って

神の道をたどること

決して神を怒らせないよう考慮すること

決して神の性質を侵害しないこと

この事をどう取り扱うべきか

どうあなたの使命を果たし

神に忠実でいられるか考えなければならない

神の道をたどること

決して神を怒らせないよう考慮すること

決して神の性質を侵害しないこと

神の道をたどること

決して神を怒らせないよう考慮すること

決して神の性質を侵害しないこと

『言葉は肉において現れる』の「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」より編集

前へ: あなたの生活を神の言葉で満たしなさい

次へ: 神の言葉を大切にする者は祝福される

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

神の言葉による裁きは人を救うため

神が語った刑罰や裁きについての多くの言葉は あなたに下ることはなかった そう、確かに下ることはなかった 神は業を為し、語るために来た 神の言葉が厳しいのは あなたの堕落と反抗を裁くためなのだ 神の目的は人を害することではなく サタンの支配から救うことである 神の言葉が厳しいのは成…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索