神の愛は最も真実である

神があなたがたを 征服する業は

何と素晴らしい 救いなのだろう

あなたがたは皆 罪や放蕩に満ちている

あなたがたは今 神と顔を合わせる

神はあなたがたを 懲らしめそして裁く

あなたがたは神の 大いなる救いを得て

神の最高の愛を確かに授かる

神の行いは愛であり あなたがたの罪を裁く

だから自分自身を吟味すれば 救いを得られるだろう

神は自らの手で 創った人類を 滅ぼさないように

あなたがたの間で働き・・語り・・救おうと尽くしている

神はあなたがたを 憎んでなどいない

まさに神の愛は 最も真実である

神が人々の 不従順を裁くこと・・

それが唯一人の救いの道である

あなたがたは生き方を知らず

罪に満ちた地で暮らすので

神はあなたがたを救うために裁かなければならない

神の征服は 人々を救うためであり

あなたがたが落ちぶれ 汚れた地に住み

サタンに踏みにじられ

地獄へ落ちることを

神は望まない ・・神は望まない

神の行いは愛であり あなたがたの罪を裁く

だから自分自身を吟味すれば 必ず救いを得られるだろう

神の行いは愛であり あなたがたの罪を裁く

だから自分自身を吟味すれば 救いを得られるだろう

救いを得られるだろう

『言葉は肉において現れる』の「征服の働きの内幕(4)」より編集

前へ: 神が肉となって初めて人は救いの機会を得る

次へ: 神は苦心して働き人を救う

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人を救うからには神は人を完全に救う

神は人を創造したが故 みずから人を導く 救うからには神は人を救い完全に得る 神は人を導くが故 人を連れて行く 人を正しい方へ連れて行く 創り救うからには 神は人の前途や運命の 全ての責任を負わなければならない これが創造主によってなされた業 もし人類の将来を奪えば 征服の業は成し…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

聖霊の働きは日々変化し より大きな啓示とともに段階ごとに高くなる こうして神は働き 人類を完全にするが ついて来れない人はとり残されるだろう 進んで従う心なしに 人々は最後までついて行くことはできない 生まれつき不従順で意志に逆らう者は 神の働きが速まるにつれ とり残され…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索