神の権威は神の身分の象徴

神は生きとし生けるものの命の源

神の権威は万物を神の言葉に従わせる

神の言葉でそれらは誕生する

命じるとそれらは生き増え広がる

神は全ての生き物を支配し

逸脱するものは永遠にない

神の力は生命と活力を持つ

どんな形の生き物でも創れる

これは神の命により定められる

そんな力は誰にも どんな物にもない

それを持っているのは唯一創造主だけだ

これは神の独特な本性・本質

地位の象徴で権威と呼ばれる

神は全ての生き物を支配し

逸脱するものは永遠にない

神の力は生命と活力を持つ

どんな形の生き物でも創れる

これは神の命により定められる

心に留めなさい 神の他には誰も また何ものも

『権威』という言葉とその本質に関わりがない

神は全ての生き物を支配し

逸脱するものは永遠にない

神の力は生命と活力を持つ

どんな形の生き物でも創れる

これは神の命により定められる

『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 1」より編集

前へ: 神の権威は独特なもの

次へ: 神の権威を知るための道

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

あなたがたは真理を受け入れる人になるべきだ

自分自身の道を選びなさい 真理を拒んだり聖霊を冒瀆せずに 無知にならないで、傲慢にならないで 聖霊の導きに従いなさい イエスの再臨は 真理を受け入れる全ての人にとって 大いなる救いだ イエスの再臨は 真理を受け入れられない人を罪に定める Oh… 真理を渇望し、求めなさい あ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索