神の人類への最後の約束

この地で真の生活をすれば

サタンの勢力は拘束される

人はやがて気楽に暮らし

複雑なことは見つからないだろう

人間、社会、家族のしがらみは煩わしく

苦悩に満ちているけど

人が完全に征服されれば

その心と思いは変わるだろう

人が完全に征服されれば

その心と思いは変わるだろう

神を畏れ愛する心を持つようになる

神を愛することを求める者たちが征服され

サタンを打ち負かして

闇の力が拘束されれば

人の生活には邪魔がなくなる

人は肉のしがらみから解かれ

自由に生き

サタンから解放される

人が完全に征服されれば

その心と思いは変わるだろう

人が完全に征服されれば

その心と思いは変わるだろう

神を畏れ愛する心を持つようになる

もしあなたが教会の兄弟姉妹のように家族と接すれば

心配がなくなり 苦難も半減するだろう

天使のように立ち、普通の生活ができる

神から授ける最後の約束

人が完全に征服されれば

その心と思いは変わるだろう

人が完全に征服されれば

その心と思いは変わるだろう

神を畏れ愛する心を持つようになる

『言葉は肉において現れる』の「人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」より編集

前へ: 神の国が完全に降臨する時

次へ: 神の勝利の象徴

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索