神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない

彼らの心の中に神はいない

苦難が訪れる日

人は神へ真の愛を示せるのか

神の業は人の心に価しないのか

何故人は神に心を捧げないのか

何故人は心を固く守り手放さないのか

人の心は喜びと平和を保証できるのか

人の正義に形などはなく

触れたり見たりすることは出来ない

一番貴重なのは

神が望むものつまり人の心

神の業は人の心に価しないのか

何故人は神に心を捧げないのか

何故人は心を固く守り手放さないのか

人の心は喜びと平和を保証できるのか

神が人に何かを求める時

何故人は神にちりを投げるのか

これは人の狡猾なたくらみなのか

神の業は人の心に価しないのか

何故人は神に心を捧げないのか

何故人は心を固く守り手放さないのか

人の心は喜びと平和を保証できるのか

人の心は喜びと平和を保証できるのか

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第三十六章」より編集

前へ: 人は断じて心を神に捧げていない

次へ: 神のあなたがたへの期待を感じたことがあるか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

真の祈りの効果

真の祈りの効果。……祈るにつれて人の性質は変わる。霊に触れられるにつれ、彼らはもっと従い、さらに積極的になるだろう。そして、真の祈りによって、彼らの心は次第に清められるだろう。真の祈りによって、清められるだろう。

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索