神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない

彼らの心の中に神はいない

苦難が訪れる日

人は神へ真の愛を示せるのか

神の業は人の心に価しないのか

何故人は神に心を捧げないのか

何故人は心を固く守り手放さないのか

人の心は喜びと平和を保証できるのか

人の正義に形などはなく

触れたり見たりすることは出来ない

一番貴重なのは

神が望むものつまり人の心

神の業は人の心に価しないのか

何故人は神に心を捧げないのか

何故人は心を固く守り手放さないのか

人の心は喜びと平和を保証できるのか

神が人に何かを求める時

何故人は神にちりを投げるのか

これは人の狡猾なたくらみなのか

神の業は人の心に価しないのか

何故人は神に心を捧げないのか

何故人は心を固く守り手放さないのか

人の心は喜びと平和を保証できるのか

人の心は喜びと平和を保証できるのか

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第三十六章」より編集

前へ: 人は断じて心を神に捧げていない

次へ: 神のあなたがたへの期待を感じたことがあるか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。…

あなたは永遠のいのちの源を知っているか

神は人の命の源であり 天と地は神の力によって生きている 命ある全てのものたちは 神の支配と権威から逃れられない あなたが何者であったとしても 人々は神に従わなくてはならない そしてまた人は 神の支配と神の命令に服従しなければならない あなたは熱意を持って 命と真理を探しているか…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索