神は人の真心を望む


今の人は神を大切にしない

彼らの心の中に神はいない

苦難が訪れる日

人は神へ真の愛を示せるのか

神の業は人の心に価しないのか

何故人は神に心を捧げないのか

何故人は心を固く守り手放さないのか

人の心は喜びと平和を保証できるのか


人の正義に形などはなく

触れたり見たりすることは出来ない

一番貴重なのは

神が望むものつまり人の心

神の業は人の心に価しないのか

何故人は神に心を捧げないのか

何故人は心を固く守り手放さないのか

人の心は喜びと平和を保証できるのか


神が人に何かを求める時

何故人は神にちりを投げるのか

これは人の狡猾なたくらみなのか

神の業は人の心に価しないのか

何故人は神に心を捧げないのか

何故人は心を固く守り手放さないのか

人の心は喜びと平和を保証できるのか

人の心は喜びと平和を保証できるのか

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第三十六章」より編集

前へ: 神の言葉の重要性

次へ: 神のあなたがたへの期待を感じたことがあるか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

あなたの苦しみがどんなに大きくても神を愛することを求めよ

今日の神の働きが どれほど価値あるものか 理解するべきだ 多くの人はそれを知らず 苦しみには価値がないと思う 彼らは信仰ゆえに虐げられ 世に避けられ家庭でも悩みがある 彼らの未来はあまりに暗く 苦しみのあまり死を望む者もいる こんなことで神への愛を示せるか! このような者には…

神の言葉を大切にする者は祝福される

喜んで神の見守りを受け入れる者は 神への認識を追求する人である 彼らは喜んで神の言葉を受け入れ 神からの授かり物と祝福を得るだろう 彼らは最も祝福された者である 神は神のため場所を持たない者を呪い 罰を与え 見捨てる 神の言葉追求して大切にする者の中で神は働く あな…

あなた方は何を神に報いたのか

幾つかの秋と春を経て 神はあなた方の間にいる 神は長らくあなた方と暮らしてきた 幾つの悪行が神の前を行き過ぎたのか あなた方の心の言葉は神の耳にこだまする あなた方は百万の決意を祭壇に置くのに わずかな献身も誠意も供えない あなた方の信仰の実はどこにあるのか? 神の尽きぬ恵…

神は人が真の信仰を持つことを願う

神は常に 人に厳しさを求める もしあなたの忠誠心が条件付きなら 神はその「忠誠心」を欲しない 神はわざと神を欺いたり 神に要求ばかりする人を嫌う 神が人に望むのは忠誠を誓い 誰にもまして神に忠実で 全てを信仰のために行い 信仰という一語を証明すること あなたが神を喜ばせようと…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索