堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら

一体誰が知っているだろうか

神が万物の運命を治め指揮し導いていることを

人が心に留めないのは

神の業が曖昧だからでも

計画が果たされていないからでもなく

人の心と霊が神から離れているからだ

彼らは神に従う時でさえ

気づかぬままサタンに仕えている

誰も神の足跡や現れを求めず

神の配慮と見守りを望まない

しかし彼らは進んで悪に頼り

この世とこの世の主義に順応しようとする

そして人の心と霊はサタンの手中に落ち

彼らはサタンに食い物にされる

見よ、サタンは今人の霊と心に 棲みつき

それを弄んでいる

人は徐々に理解を失い

もはや生きる目的や価値について理解できず

人であることの意味も分からない

彼らはもう神を求めず

心は神の契約と律法を無視する

時は経ち、神がなぜ人を造ったか

誰が語り、理解できるだろうか?

誰も神が語る言葉を理解できず

神から出るすべてのことを認識しない

彼らは神の全ての定めと律法に逆らい始め

すぐに心と霊も鈍る

こうして神は自ら造った人間を失い

人間は自分のルーツを失う

これが人類の悲劇的な悲哀だ

これこそ人類の悲劇的な悲哀なのだ

『言葉は肉において現れる』の「神は人間のいのちの源である」より編集

前へ: 最初の人類は霊をもつ生き物であった

次へ: 人類はもはや神が望むような存在ではない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索