誰も神の言葉の真の意味を理解しない


人は苦しみと祝福との区別がつかず

神の手の中にある約束された祝福を享受できない

だから真の気持ちで神を求めていない

もし明日がないなら

神の前に立つあなた方のうち

誰が舞い散る雪のように白く

曇りのない翡翠のように純粋でいられるのか?

神へのあなたの愛を

美味なる食事や上等な衣服や

高給の高い地位と

取り代えることができるのだろうか?

他の人の愛となら 代えられるのだろうか?

それとも試練の故に

それを捨て去ることができるのか?

また苦難の故に

あなたは神の計画に不満を抱くのだろうか?


神の口の中にある剣を本当に理解した者はいない

人は表面的な意味しか分からず

内にある意味を見つけ出すことができない

もし人が真に神の剣の本当の鋭さを見たなら

彼らは鼠のように

慌てふためいて巣穴へと逃げ込むことだろう

神の言葉の真理を理解するにはあまりにも鈍く

神の言葉が持つ力も

どれほど自らの堕落が裁かれ

本性が露わにされるかも 見当が付かない

神の言葉についての生半可な考えに頼り

ほとんどの者の態度は生ぬるい

ほとんどの者の態度は生ぬるい

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第十五章」より編集

前へ: 真に神を崇拝する人になることを求めよ

次へ: 神の言葉をどうしても人は実践しない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の…

義と全能と実践の神

永遠に唯一の真の神は 言葉で創造物に命吹き込み 神が語ったり命じるとそうなった 塵は人に変えられ 神は被造物を養い 命は天と地に満ちた 神は法を定め、奇跡をおこし 人を導き、世話をしたが 人は悪に身を任せ 汚れ堕落し、見るに見かねて 神は謙り受肉し、人を赦し 威厳を捨て、不義を背…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索