誰も神の言葉の真の意味を理解しない


人は苦しみと祝福との区別がつかず

神の手の中にある約束された祝福を享受できない

だから真の気持ちで神を求めていない

もし明日がないなら

神の前に立つあなた方のうち

誰が舞い散る雪のように白く

曇りのない翡翠のように純粋でいられるのか?

神へのあなたの愛を

美味なる食事や上等な衣服や

高給の高い地位と

取り代えることができるのだろうか?

他の人の愛となら 代えられるのだろうか?

それとも試練の故に

それを捨て去ることができるのか?

また苦難の故に

あなたは神の計画に不満を抱くのだろうか?


神の口の中にある剣を本当に理解した者はいない

人は表面的な意味しか分からず

内にある意味を見つけ出すことができない

もし人が真に神の剣の本当の鋭さを見たなら

彼らは鼠のように

慌てふためいて巣穴へと逃げ込むことだろう

神の言葉の真理を理解するにはあまりにも鈍く

神の言葉が持つ力も

どれほど自らの堕落が裁かれ

本性が露わにされるかも 見当が付かない

神の言葉についての生半可な考えに頼り

ほとんどの者の態度は生ぬるい

ほとんどの者の態度は生ぬるい

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第十五章」より編集

前へ: 誰も神の意志を理解しない

次へ: あなたは誰に忠実なのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神はサタンを打ち負かし人を救うために肉となった

神が肉体として地上にいる間 人々の間で神の業を行なう 全ての業にはたった一つの目的がある それは悪魔サタンを打ち倒すこと 神は人を征服することでサタンを倒す また人々を完全な存在にすることで 世界に鳴り響くような証しとするならば これもサタンの敗北のしるし 神はサタンを打ち倒し…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよう…

神は人がいくつの道を進むべきか予め定めた

神が導く道はまっすぐではない それは穴だらけの曲がった道だ 道が険しいほど 私達の愛が明らかになると神は言う こんな道を開ける者は他にない 私は他の人々のようになりたくない 彼らの道を歩きたくはない 私は献身を果たす道を選んで 最後まで歩んでいく 人がどれほど苦しみ どれほど遠く…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索