神は天におり、地にもいる


地にいる時の 神は

人の心の中の 実際の神

天にいる時の 神は

あらゆる被造物の 支配者

かつて神は 山と海を巡り

人類の間を そっと歩んで来た

誰が逆らえよう 実際的な神に

誰が逃れられよう その支配から

誰が言い切れよう 神は天にいるのだと

誰が言い切れよう 神は地にいると

誰も言い切れない 神の居場所など


天にいる時の 神は

超越的な神 それだけなのか

地にいる時の 神は

実際的な神 それだけなのか

神がすべて 支配するというだけで

人の痛みをも 味わうというだけで

誰が決められよう 神は実際的だと

誰が言い切れよう 神は天にいるのだと 

誰が言い切れよう 神は地にいると

神は天におり 地にもいる 

全ての物の間に 神は存在し

全ての人の間に 神は存在する

人はどんな時も 神と交われるのだ

人はどんな時も 神に会えるのだ

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第十五章」より編集

前へ: 神の賞賛を得るために聖霊の新しい働きに従いなさい

次へ: 真の道を追求するための原則

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の言葉の重要性

神の信者は良い行いをすべきだ 大切なのは神の言葉を持つこと 何があってもそれから離れない 神の言葉を通し神を知り満足させる あらゆる教派・国家・各界が いつか言葉で征服されるだろう 神は人々に直接語り 彼らは神の言葉を握るだろう これで人々は完全にされ 神の言葉は浸透するだろう…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶまで…

神から託されたことを成し遂げるために身も心も捧げよ

私たちは身も心も捧げる 人類と敬虔な信者の一人として 神の委託任務を果たすために それが私たちの責任と義務 それが責任と義務 私たちの存在は神からの贈り物 神の支配がなければ存在すらできない 私たちの存在は神からの贈り物 神の支配がなければ存在すらできない この身と心を神の…

神の働きは言葉を通して成し遂げられる

あなたがしばらく経験を積み 神の業とその各段階について知り 神の言葉が何を実現させ なぜ多くは果たされずにいるのかを知るなら また明確なビジョンを持ち これらすべてによく精通していたら 心配も不安もなく大胆に前進できる 神の働きの多くはどう成し遂げられるのか? それは神の言葉に…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索