神は天におり、地にもいる

地にいる時の 神は

人の心の中の 実際の神

天にいる時の 神は

あらゆる被造物の 支配者

かつて神は 山と海を巡り

人類の間を そっと歩んで来た

誰が逆らえよう 実際的な神に

誰が逃れられよう その支配から

誰が言い切れよう 神は天にいるのだと

誰が言い切れよう 神は地にいると

誰も言い切れない 神の居場所など

天にいる時の 神は

超越的な神 それだけなのか

地にいる時の 神は

実際的な神 それだけなのか

神がすべて 支配するというだけで

人の痛みをも 味わうというだけで

誰が決められよう 神は実際的だと

誰が言い切れよう 神は天にいるのだと 

誰が言い切れよう 神は地にいると

神は天におり 地にもいる 

全ての物の間に 神は存在し

全ての人の間に 神は存在する

人はどんな時も 神と交われるのだ

人はどんな時も 神に会えるのだ

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第十五章」より編集

前へ: 神の業が広大な宇宙全体を満たす

次へ: 全能神だけが人を救うことができる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索