神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神の存在そのもののなかに、ご自身の全能の力、義と威厳がある。

神は全能で実際的、神のことばは全能の力とともに神は権威とともに神が言えば実現する。結果が見える前に神が話すとき、ご自身の全能が現れる。心に留めよ。神の本質は全能と実際的であることそれぞれが強め合う。神のすることはすべてご自身の性質と神が何であるかを表す。神の存在そのもののなかに、ご自身の全能の力、義と威厳がある。

律法の時代に起こったこと、神がヨナにニネベへ行くことを命じた時、神が実際的であることがこうして示された。ヨナが拒否すると大魚にのまれ、そこで3日間生きた。生き延びて死ななかった。神がヨナにしたことは、神の全能を示した。神はいつもご自身のわざを示す。ご自身の本質と全てを。

神はふたつの本質を持つ。全能と実際的であることそれは、神のわざのあらゆる段階とご自身がするあらゆることに見ることができる。これが神を知る一つの方法。心に留めよ。神の本質は全能と実際的であること。それぞれが強め合う。神のすることはすべてご自身の性質と神が何であるかを表す。神の存在のなかに、ご自身の全能の力、義と威厳がある。神の存在のなかに、ご自身の全能の力、義と威厳がある、義と威厳がある、義と威厳がある。

前へ: 神は万物の支配者

次へ: 神の本質は全能で実際的である

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから でも神の心の中の 人への思いやり、心配、憐れみは変わらない 人間を滅ぼした時さえ 極みまで人が汚れ 不従順になっても神は その性質と本質のゆえに 原則に従い 人間を滅ぼさざるを得なかった 神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに 人…

終わりの日に神は言葉を通して全てを成し遂げる

このようにして、終わりの日に、神が肉になるとき、神はすべてを成し遂げるために、すべてを明らかにするために、主として言葉を用いる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神とは何かを知ることができる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神が神自身であることを知ることができる。肉と…

神の勝利の象徴

人は最初の姿に戻される 人々は己の努めを全うできる 自分の居場所で神の全ての定めに従う その時神は 地で神を礼拝する、一群の人を得るだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう 神は地上で永遠の勝利を得る 神に逆らう…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索