神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神の存在そのもののなかに、ご自身の全能の力、義と威厳がある。

神は全能で実際的、神のことばは全能の力とともに神は権威とともに神が言えば実現する。結果が見える前に神が話すとき、ご自身の全能が現れる。心に留めよ。神の本質は全能と実際的であることそれぞれが強め合う。神のすることはすべてご自身の性質と神が何であるかを表す。神の存在そのもののなかに、ご自身の全能の力、義と威厳がある。

律法の時代に起こったこと、神がヨナにニネベへ行くことを命じた時、神が実際的であることがこうして示された。ヨナが拒否すると大魚にのまれ、そこで3日間生きた。生き延びて死ななかった。神がヨナにしたことは、神の全能を示した。神はいつもご自身のわざを示す。ご自身の本質と全てを。

神はふたつの本質を持つ。全能と実際的であることそれは、神のわざのあらゆる段階とご自身がするあらゆることに見ることができる。これが神を知る一つの方法。心に留めよ。神の本質は全能と実際的であること。それぞれが強め合う。神のすることはすべてご自身の性質と神が何であるかを表す。神の存在のなかに、ご自身の全能の力、義と威厳がある。神の存在のなかに、ご自身の全能の力、義と威厳がある、義と威厳がある、義と威厳がある。

前へ: 神は万物の支配者

次へ: 神の本質は全能で実際的である

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。…

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索