神と人間の異なる安息の場所


神には神の行先があり

人には人の行先がある

神は安息の中で人間を導き続け

人は天にいる唯一まことの神を崇める

神は人間と共に生きることはなく

人は神の行先で生きることはできない

神と人は同じ世界では生きられない

生き方が神と人では違うのだ

人間は神の営みの果実 神に導かれる者である

そして神は人間を導く方である

神と人間は本質的に違う


人の安息の場は地であり

神の安息の場は天である

人は安息の中で神を崇め地上に生き

神は安息の中で残された人類を導く

神は地でなく天から人を導く

今もなお神は霊、そして人は肉である

神と人はそれぞれの道で安息に入る

安息の時に神は人に現れる

人間は安息の中で神により

天に引き上げられ、天に行く

そして天での生活を楽しむだろう

天での生活を楽しむだろう

『言葉は肉において現れる』の「神と人は共に安息に入る」より

前へ: 人類はかつての聖さを取り戻す

次へ: 洗い清められた者だけが安息に入れるだろう

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

パリサイ人たちがイエスに反抗した理由の根拠

あなたは何故パリサイ人たちが イエスに反抗したのか知りたいか? 彼らの本質が何であるのか知りたいか? 彼らはメシアへの幻想と メシアの到来を信じるだけで いのちの真理は求めていなかった 彼らは救い主を待っているが それは真理といのちの道を知らないから これ程愚かで・・頑なで…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

あなたは永遠のいのちの源を知っているか

神は人の命の源であり 天と地は神の力によって生きている 命ある全てのものたちは 神の支配と権威から逃れられない あなたが何者であったとしても 人々は神に従わなくてはならない そしてまた人は 神の支配と神の命令に服従しなければならない あなたは熱意を持って 命と真理を探しているか…

人間に対する神の最後の要求

あなたが効力者ならば 受動的になったり行動するふりをせず 神に忠実に仕えることが出来るか? 神があなたを認めていないとしても あなたは留まって神に生涯奉仕することが出来るか? 多くの努力をしても神に冷たくされた時 神のために働き続けるのか? 神のために何かを費やしても 望みが叶え…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索