神と人間の異なる安息の場所

神には神の行先があり

人には人の行先がある

神は安息の中で人間を導き続け

人は天にいる唯一まことの神を崇める

神は人間と共に生きることはなく

人は神の行先で生きることはできない

神と人は同じ世界では生きられない

生き方が神と人では違うのだ

人間は神の営みの果実 神に導かれる者である

そして神は人間を導く方である

神と人間は本質的に違う

人の安息の場は地であり

神の安息の場は天である

人は安息の中で神を崇め地上に生き

神は安息の中で残された人類を導く

神は地でなく天から人を導く

今もなお神は霊、そして人は肉である

神と人はそれぞれの道で安息に入る

安息の時に神は人に現れる

人間は安息の中で神により

天に引き上げられ、天に行く

そして天での生活を楽しむだろう

天での生活を楽しむだろう

『言葉は肉において現れる』の「神と人は共に安息に入る」より

前へ: 人類はかつての聖さを取り戻す

次へ: 洗い清められた者だけが安息に入れるだろう

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

あなたの苦しみがどんなに大きくても神を愛することを求めよ

今日の神の働きが どれほど価値あるものか 理解するべきだ 多くの人はそれを知らず 苦しみには価値がないと思う 彼らは信仰ゆえに虐げられ 世に避けられ家庭でも悩みがある 彼らの未来はあまりに暗く 苦しみのあまり死を望む者もいる こんなことで神への愛を示せるか! このような者に…

神は全ての愛を人類に与えた

神は愛により 人を救う 救いの計画 成し遂げる たとえ義を 表すにせよ たとえ威厳を 表すにせよ そして怒りを 表すにせよ どれほど大きな 愛なのか?たとえ人が 尋ねても 大きさは 答えではない なぜなら 神のその愛は100パーセント なのだから 神は与えた 人類のため 全ての愛…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索