神と人間の異なる安息の場所


神には神の行先があり

人には人の行先がある

神は安息の中で人間を導き続け

人は天にいる唯一まことの神を崇める

神は人間と共に生きることはなく

人は神の行先で生きることはできない

神と人は同じ世界では生きられない

生き方が神と人では違うのだ

人間は神の営みの果実 神に導かれる者である

そして神は人間を導く方である

神と人間は本質的に違う


人の安息の場は地であり

神の安息の場は天である

人は安息の中で神を崇め地上に生き

神は安息の中で残された人類を導く

神は地でなく天から人を導く

今もなお神は霊、そして人は肉である

神と人はそれぞれの道で安息に入る

安息の時に神は人に現れる

人間は安息の中で神により

天に引き上げられ、天に行く

そして天での生活を楽しむだろう

天での生活を楽しむだろう

『言葉は肉において現れる』の「神と人は共に安息に入る」より

前へ: 人類はかつての聖さを取り戻す

次へ: 神の国が完全に降臨する時

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

終わりの日に神は自らの性質の全てを現した

神の霊は世界の始まりからずっと 大いなるわざを行ってきた 神はあらゆる国と時代に それぞれ異なるわざを行ってきた 神のそのさまざまな性質を あらゆる時代に人々は見る その性質はさまざまな働きを通して 全ての人にありのままに示される 神は、憐みに満ち、思いやりに満ちた方 神は罪を贖…

神の言葉を大切にする者は祝福される

喜んで神の見守りを受け入れる者は 神への認識を追求する人である 彼らは喜んで神の言葉を受け入れ 神からの授かり物と祝福を得るだろう 彼らは最も祝福された者である 神は神のため場所を持たない者を呪い 罰を与え 見捨てる 神の言葉追求して大切にする者の中で神は働く あな…

裁きを避けることの結果

裁きと真理が何であるか あなたは解かりますか? もし解かっているのなら 神は裁きに従うよう勧める そうしなければ神から称賛され 神の国に入る機会を失うだろう 忠誠を誓いながら裏切る者を 神は容赦しない 霊と魂・肉体において罰するだろう これは神の義の現れ 人を裁き露わにする神…

神は人が真の信仰を持つことを願う

神は常に 人に厳しさを求める もしあなたの忠誠心が条件付きなら 神はその「忠誠心」を欲しない 神はわざと神を欺いたり 神に要求ばかりする人を嫌う 神が人に望むのは忠誠を誓い 誰にもまして神に忠実で 全てを信仰のために行い 信仰という一語を証明すること あなたが神を喜ばせようと…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索