神の国は人類の間に打ち建てられる

神の知恵は地と宇宙に現れている

それは万物と人間の中で、良い実を結んでいる

全ては神の国の産物のようだ

人は牧場の羊のように神の天のもとで憩う

神はシオンで再び休み、人は神に導かれる

神の手中で人は全てを治め、そして取り戻す

知恵と元の姿を

彼らがもう汚れなく翡翠のように純粋で

聖者の顔をしてるのは

神の国が人の間に 建てられたから

神は辺りをじっと見つめ、人々の上を歩む

何一つ古いものはなく、誰もが新しくなっている

神は玉座で休み、全宇宙に横たわる

すべては聖さ を取り戻し、神は満足する

神はシオンで再び休み、人は神に導かれる

神の手中で人は全てを治め、そして取り戻す

知恵と元の姿を

彼らがもう汚れなく翡翠のように純粋で

聖者の顔をしてるのは

神の国が人の間に 建てられたから

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第十六章」より編集

前へ: 神の国の王の顔は比類なき栄光に輝く

次へ: 神は神の国で王権を振るう

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の…

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索