神の権威は独特なもの

神の権威は独特で

それは特有の表現と本質

神に造られたものであれなかれ

誰もこのような本質を持っていない

創造主だけがこの権威を有する

唯一神がこの本質を持つ

神はあらゆるものを創造し

その全てを支配する

単に天体を支配するだけでなく

被造物や人類の一部だけでなく

万物を全能の手の中で支えている

大きいもの小さいものから

目に見えるもの見えないもの

天体から微生物

様々な形の存在に至るまで

これは神が支配する「あらゆるもの」を

厳密に意味するもの

神の権威は測り知れない

だがそれは抽象的なはずがない

神の権威はいつも人と共にあり

人は実際的側面を見て感じられる

これは神の権威が存在する証し

人は神だけが持つ権威を理解する

神はあらゆるものを創造し

その全てを支配する

単に天体を支配するだけでなく

被造物や人類の一部だけでなく

万物を全能の手の中で支えている

大きいもの小さいものから

目に見えるもの見えないもの

天体から微生物

様々な形の存在に至るまで

これは神が支配する「あらゆるもの」を

厳密に意味するもの

これが神の権威と支配の範囲である

『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 3」より編集

前へ: 神自身の本性と位置

次へ: 神の権威は神の身分の象徴

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索