神は終わりの日に言葉を用いて全宇宙を征服する

人々には神の働きが多くはないと見えるかもしれないが

もし神が言葉を発すれば

人々は納得し唖然とするだろう

彼らは事実がないと叫び声を上げるが

神の言葉で静まりかえる

ある事実を達成することが

長い間神が持っていた計画である

地上に神の言葉が来るという事実を神は成し遂げる


神は肉を通してではなく

言葉を用いて宇宙を征服する

肉により語った言葉を通して

神は全世界を征服する

これこそが言葉が肉となり

言葉が肉として現れることである

千年神の国が到来し

新しいエルサレムが降臨する

それは神の言葉が天からやって来て

人の間に住むことである

人の行動と深い思いの全てに神の言葉が伴うことが

神の完成させることであり

それは神の国の素晴らしい光景となる


これは神が定めた計画である

千年に渡り神の言葉が現れ

すべての業を明らかにし

地上でのすべての働きを完成させ

その後人類のこの段階はついに終わるだろう

終わるだろう!


地上に神の言葉が来るという事実を神は成し遂げる

神は肉を通してではなく

言葉を用いて宇宙を征服する

肉により語った言葉を通して

神は全世界を征服する

これこそが言葉が肉となり

言葉が肉として現れることである


『言葉は肉において現れる』の「千年神の国は訪れた」より編集

前へ: 言葉の働きを通して人々は神をよりよく知る

次へ: 誰も神の言葉から離れられない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の言葉による裁きは人を救うため

神が語った刑罰や裁きについての多くの言葉は あなたに下ることはなかった そう、確かに下ることはなかった 神は業を為し、語るために来た 神の言葉が厳しいのは あなたの堕落と反抗を裁くためなのだ 神の目的は人を害することではなく サタンの支配から救うことである 神の言葉が厳しいのは成…

神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから でも神の心の中の 人への思いやり、心配、憐れみは変わらない 人間を滅ぼした時さえ 極みまで人が汚れ 不従順になっても神は その性質と本質のゆえに 原則に従い 人間を滅ぼさざるを得なかった 神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに 人…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索