神の業が達成しようとする最終効果

神の業を真に体験した者は

誰でも神を礼拝し そして畏れるだろう

それは称賛に勝る

神の裁きや刑罰を通して人々は

神の性質を見て心から畏れるだろう

神は畏れられるべきであり

また従われるべきである

それは神自身や神の性質は被造物に勝っているから

神のみ畏れられ敬い従うべき方

神の業に携わった者や

神を真に知る者は神を畏れるだろう

神に意見し 神を畏れない人々は

神に征服されない

元から不従順なのだ

神のこのような業は

次のことを達成するためである

それは全てのものが創造主を畏れるように

彼ら全てが神に心から従えるように

それは神自身や神の性質は被造物に勝っているから

神のみ畏れられ敬い従うべき方

これこそが神の業が最後に成し遂げること

『言葉は肉において現れる』の「神の働きと人の働き」より編集

前へ: 真の信仰は神を知ってのみ得られる

次へ: 神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解してい…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索