神の業が達成しようとする最終効果


神の業を真に体験した者は

誰でも神を礼拝し そして畏れるだろう

それは称賛に勝る

神の裁きや刑罰を通して人々は

神の性質を見て心から畏れるだろう

神は畏れられるべきであり

また従われるべきである

それは神自身や神の性質は被造物に勝っているから

神のみ畏れられ敬い従うべき方


神の業に携わった者や

神を真に知る者は神を畏れるだろう

神に意見し 神を畏れない人々は

神に征服されない

元から不従順なのだ

神のこのような業は

次のことを達成するためである

それは全てのものが創造主を畏れるように

彼ら全てが神に心から従えるように


それは神自身や神の性質は被造物に勝っているから

神のみ畏れられ敬い従うべき方

これこそが神の業が最後に成し遂げること

『言葉は肉において現れる』の「神の働きと人の働き」より編集

前へ: 真の信仰は神を知ってのみ得られる

次へ: 神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れな…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索