人類が安息に至る唯一の道


懲らしめと裁きによる

神の最後の聖めの中立つ者は

最後の安息に入る

サタンから解き放された者は

神のものとなり最後の安息に至る

裁きと懲らしめの真髄は

最終の安息に備え人を清めること

この業がなければ

全人類は種類で分類されない

それが安息に入る唯一の道


清めだけが不義を消す

この裁きと懲らしめは

人の不従順を明るみに出し

救われる人と滅ぼされる人

残る人と残らない人と分ける

最後に神は悪しきを罰し

良きものに報いを与え

人類を完全に清め 永遠の安息にともなう

これは神の業完成のための最後の重要な段階

邪悪な者が残れば

人は安息に入れない

一度神がその業を成し遂げれば

全人類が聖いものとなり

神は平穏に安息の中に住める

裁きと懲らしめの真髄は

最終の安息に備え人を清めること

この業がなければ

全人類は種類で分類されない

それが安息に入る唯一の道

『言葉は肉において現れる』の「神と人は共に安息に入る」より編集

前へ: 人間に対する神の姿勢

次へ: 神は人間創造の意味を回復する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の勝利の象徴

人は最初の姿に戻される 人々は己の努めを全うできる 自分の居場所で神の全ての定めに従う その時神は 地で神を礼拝する、一群の人を得るだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう 神は地上で永遠の勝利を得る 神に逆らう者…

人の一生は完全に神の支配下にある

人は運命だけ信じても 創造主による運命の支配を知らずに 認識もしなければ ああ、運命だけ信じても 創造主による運命の支配に従わず 受け入れもしないなら 人生は悲劇となり そして無駄になり 空虚になるだろう 彼らは神の支配に従えず 被造物という言葉が真に意味するものにもなれず 日々…

神は人がいくつの道を進むべきか予め定めた

神が導く道はまっすぐではない それは穴だらけの曲がった道だ 道が険しいほど 私達の愛が明らかになると神は言う こんな道を開ける者は他にない 私は他の人々のようになりたくない 彼らの道を歩きたくはない 私は献身を果たす道を選んで 最後まで歩んでいく 人がどれほど苦しみ どれほど遠く…

神の言葉の根源を知る者はいない

世界の中で 神の恵みなしに生きている者などいるだろうか もし神によって物質的な祝福が与えられなかったら 一体誰がこの世界で満ち足りて暮し 富を楽しむだろう 神の祝福とは 神の民としてふさわしい地位につくことのできる機会を 神があなた方に与えることだけなのだろうか もしあなた方…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索