人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる

神の最後の聖めの中立つ者は

最後の安息に入る

サタンから解き放された者は

神のものとなり最後の安息に至る

裁きと懲らしめの真髄は

最終の安息に備え人を清めること

この業がなければ

全人類は種類で分類されない

それが安息に入る唯一の道

清めだけが不義を消す

この裁きと懲らしめは

人の不従順を明るみに出し

救われる人と滅ぼされる人

残る人と残らない人と分ける

最後に神は悪しきを罰し

良きものに報いを与え

人類を完全に清め 永遠の安息にともなう

これは神の業完成のための最後の重要な段階

邪悪な者が残れば

人は安息に入れない

一度神がその業を成し遂げれば

全人類が聖いものとなり

神は平穏に安息の中に住める

裁きと懲らしめの真髄は

最終の安息に備え人を清めること

この業がなければ

全人類は種類で分類されない

それが安息に入る唯一の道

『言葉は肉において現れる』の「神と人は共に安息に入る」より編集

前へ: 終わりの日の裁きとは時代を終わらせる働きである

次へ: 終わりの日の神の働きの奥義

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

聖霊の働きは日々変化し より大きな啓示とともに段階ごとに高くなる こうして神は働き 人類を完全にするが ついて来れない人はとり残されるだろう 進んで従う心なしに 人々は最後までついて行くことはできない 生まれつき不従順で意志に逆らう者は 神の働きが速まるにつれ とり残され…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索