人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる

神の最後の聖めの中立つ者は

最後の安息に入る

サタンから解き放された者は

神のものとなり最後の安息に至る

裁きと懲らしめの真髄は

最終の安息に備え人を清めること

この業がなければ

全人類は種類で分類されない

それが安息に入る唯一の道

清めだけが不義を消す

この裁きと懲らしめは

人の不従順を明るみに出し

救われる人と滅ぼされる人

残る人と残らない人と分ける

最後に神は悪しきを罰し

良きものに報いを与え

人類を完全に清め 永遠の安息にともなう

これは神の業完成のための最後の重要な段階

邪悪な者が残れば

人は安息に入れない

一度神がその業を成し遂げれば

全人類が聖いものとなり

神は平穏に安息の中に住める

裁きと懲らしめの真髄は

最終の安息に備え人を清めること

この業がなければ

全人類は種類で分類されない

それが安息に入る唯一の道

『言葉は肉において現れる』の「神と人は共に安息に入る」より編集

前へ: 終わりの日の裁きとは時代を終わらせる働きである

次へ: 終わりの日の神の働きの奥義

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索